やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

栗山求師匠にお会いしました

昨日、栗山求師匠と初めてお会いしました!(゚∀゚)


僕が同人誌で書いている「配合パズル」理論のベースになっているのは、以前栗山師匠がブログで書いておられた「マンハッタンカフェ整理整頓」です。
http://blog.keibaoh.com/kuriyama/2010/07/post-ec5e.html

僕が血統に興味を持った当初、色々な方の血統考察文を読んでみたものの、何を言っているのかサッパリわかりませんでした。
そんな中、最初に血統を調べるきっかけを与えてくれたのが、マンハッタンカフェ整理整頓の記事なんです。
正直言って、書かれている内容については、最初あまり理解出来ませんでした。
でも「Nijinsky+Mr. Prospector」とか「母が Northern Dancer を複数持つ」とか、具体的にパターンを明示してくれていることが、血統理論がわからない自分にとっての救いの糸だったのです。

血統表でNijinskyとMr. Prospectorがあるかどうかを探す単純な作業ですが、初めて自ら“目的”を持って血統表を見るようになったというのは、自分にとって凄く大きい変化でした。
あれがなかったらおそらく血統好きにはならなかったと思います。

だから血統の知識が詳しくなってきて、自分なりの好み(ルール)を作ってみたいな~と思った時、やっぱり目指したのはマンカフェ整理整頓だったんです。
綺麗にパターン化された種牡馬考察……それが今の「配合パズル」に繋がっています。


栗山師匠は知識の塊のような方で、本当に勉強になることばかり。
昨日の僕は完全にいち競馬ファンという立場で、栗山師匠の話に夢中になってしまいました。

ブログでは偉そうなことを言ってばかりの僕ですが、まだまだ修行中の身です。
何かを教えるということではなく、血統の楽しさをみなさんと共有するつもりでブログを運営していきますので、これからも仲良くしてくださいm(_ _)m


配合をパズル化することばかりに執念を燃やして、木を見て森を見ずになりすぎている自分が、笠師匠、栗山師匠、望田師匠の配合論をベースにしていると言ってしまっては、配合と真剣に向き合っている先生方に対して失礼ではないのかと、ずっと悩んでいました。

でも栗山師匠に「ノーザンダンサー→ニジンスキー→カーリアンとなるにつれて個性は変わっていくものだから、そんなこと気にすることはないですよ」と言ってもらったことで、凄く気持ちが楽になるとともに、ちょっぴり自分に自信が持てました(^o^)



スポンサーサイト

*Comment

 

最後の言葉は本当にいいですね。
これからもブログ楽しみにしています!
  • posted by つとみ 
  • URL 
  • 2014.08/31 17:41分 
  • [Edit]

良かったですね(^^) 

お会い出来て良かったですね(^^)これからも頑張って下さい!
  • posted by とる 
  • URL 
  • 2014.08/31 19:27分 
  • [Edit]

つとみさん 

本当にありがたいお言葉でした。
これらかも頑張ります!!
  • posted by くりがしら 
  • URL 
  • 2014.09/01 12:01分 
  • [Edit]

とるさん 

楽しい一時を過ごしました~(^^)
ブログ頑張ります!
  • posted by くりがしら 
  • URL 
  • 2014.09/01 12:02分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.