09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
 

スワーヴジョージとジャズファンクの違い

今週の札幌2歳Sに出走予定のハービンジャー産駒のスワーヴジョージとジャズファンクには、母父がサンデーサイレンスということに加えて、アリストファネスを併せ持つという共通点があります。

ハービンジャー×母父サンデー+アリストファネス持ちという配合パターンは、これまでデビューした4頭が、スワーヴジョージ、ジャズファンク、カービングパス、サンマルティン。
つまり全馬デビュー勝ちしているという、凄まじい当たりっぷりなのです。


中距離向き+ヨーロッパ血統のハービンジャーは重厚さが強いタイプです。
そこからスピードを引き出すには、軽さと強さを同時に強化する必要があるのではないかと思っています。
軽くするだけではダラシないタイプになりがちで、逆に強くするだけではガチガチになりすぎてしまうような気がするのです。
軽くした上で、強くする……これでピリッとしたスピードに昇華されるんじゃないか説というワケ。

今回のサンデー×アリストファネスで言えば、軽くする役目を担っているのがサンデーサイレンス、強くするのがアリストファネスという風になります。

詳しい理論については、いずれ機会があればまとめようと思っていますので今回は省略します。
一応簡単に言うと、サンデーサイレンスはハービンジャーのレッドゴッドやサーアイヴァーを刺激して軽さを引き出すもので、アリストファネスはダンジグやテューダーミンストレルに絡んでパワースピードを増幅しています。


さて、上記のように同じ構成をしたスワーヴジョージとジャズファンクですが、個別に見ると適正は結構違うように思います。

スワーヴジョージの祖母フェアリードールの血統表を見ると、父のヌレイエフがハイペリオン4×4、母父シャーペンアップがハイペリオン5×3、母母父テリブルタイガーがハイペリオン4×4,母母母ライクリースワップがハイペリオン3×3……つまり構成要素が全部ハイペリオンの塊なんですよ。
そのため伝える資質はかなり硬質なものと言えます。

一方ジャズファンクはというと、2代母父にいるカーリアンが非常に重要なポイント。
ハービンジャーが抱えるシャリーフダンサーに対し、カーリアンは「ノーザンダンサー+ターントゥ+プリンスキロ+メノウ」で絡む、ニアリークロスの間柄なのです。
この仕掛けは、オーソドックスかつ柔軟性のある切れ味を強調すると考えます。


つまり、サンデーサイレンス+アリストファネスがもたらす“軽さ”と“強さ”を基本に、“強さ”に特化したのがスワーヴジョージ。
“柔さ”という新機軸を加えて三本柱で固めたのがジャズファンクというわけです。

個人的な配合の好みで言ったら圧倒的にジャズファンク。
しかし今回の舞台は北海道の洋芝ですから、柔らかくすることが一概にプラスとは言えません。

2頭がどんなレース振りを見せてくれるのか、とても楽しみです(^o^)


スポンサーサイト

Comment

くりがしらさん

ジャズファンクとスワーブジョージの配合分析、大変勉強になりました。ハービンジャー産駒については自分はDanzig×Alydar、Danzig×Mr. ProspectorのNicksが念頭にありましたが、ハービンジャー父のDansiliの代表産駒のRail LinkやThe Fugueはヌレ・サド経由でAristophanesを持ってますし、自身のLyphardともFair Trialが脈絡するから好い影響ありそうですね。

ハービンジャーは今後の活躍が楽しみですね。クロスがやや濃すぎるきらいはありますが、ストーミングホーム肌との組み合わせも見てみたい気がします。

2014/09/01 | TACO[URL] | Edit

今朝ちょうど、ジャズファンクとスワーヴジョージの血統表を書いていたところでした(今頃かよ……(^。^;))ので参考になりました。Aristphanesですね。また血統表を掘り掘りしてみます。エントリー、ありがとうございました。

2014/09/02 | さっさん[URL] | Edit

こんにちは

本記事非常に参考になります。
noteのキャロット募集馬血統診断買わせていただいたのですが、ハービンジャー産駒の評価がなかったのが少し残念ですw
もし宜しければ好配合と思える馬はいるか、もしは一行短評でもいいのでここでのコメントか、noteでご教授頂ければ幸いです。
無理を申しましてすみません。
宜しくご検討ください。

2014/09/02 | snowy[URL] | Edit

TACOさん

ワンアンドオンリー、ヌーヴォレコルト、ミッキーアイルなど、母方にダンジグ+アリストファネスを持つ馬が大活躍しましたからね。
今度は父にダンジグ×母にアリストファネスの躍進の時かもしれません。
でも正解は1つだけではありませんから、レイズアネイティヴ系の米パワーにも注目ですね。

ストーミングホームは中々強烈だなあ。
どんな感じになるんでしょうか。

2014/09/02 | くりがしら[URL] | Edit

さっさんさん

ハービンジャーはまだ方向性が完全には見えていませんからね。
僕も引き続き、ひたすら血統表とにらめっこして、色々と仮説を立てまくっておこうと思います(^o^)

2014/09/02 | くりがしら[URL] | Edit

snowyさん

購入していただいてありがとうございます!

僕はそもそもハービンジャーは大コケしてもおかしくない種牡馬だと思っていた人間です(^_^;)
ここまでの躍進ぶりを見て、急遽色々と考え始めたばかりなので、まだハービンジャーの配合に自信がありません。
だからnoteで記事にはしませんでした。

今回紹介したサンデー+アリストファネスのパターンは効果的だと思っていますが、今後の状況次第では考えが覆る可能性も十分あります。
また、このパターン以外にも間違いなく相性の良い血脈はあるはずで、それはいずれ見つかるでしょうけど、現段階ではどんな血脈なのかわかりません。

なので、一応今の僕の考えを一言コメントというかたちで書いてはみますが、将来いくらでも変更や修正はするでしょうから、くれぐれも信用はしないでくださいねm(_ _)m


・メジロプレスト13
母はノーザンダンサー4×4を始め、やや重めのパワー血脈で構成されているので、ちょっと鈍重さが強そうな気がします。

・パーフェクトマッチ13
母父サンデーでアリストファネス持ちということで、今回の記事のパターンに該当しますね。
しかし祖母のマッチザピースはジェイドロバリー×リアルシャダイという、ややピリッとしない構成なのがどうなんでしょうねえ。

・レースドール13
ハービンジャー×ビスクドールという構成はスワーヴジョージを思わせる配合で良いのですが、間にクロフネを挟んでしまったことで、ちょっとムキムキ度が増してしまっているようにも感じます。

・ラフィエスタ13
さすがにデインヒル3×3は硬すぎるような気が……(^_^;)

・シーズインクルーデッド13
う~ん……スイマセン、これ良くわかりません(;´Д`)
ダート馬かなって感じはしますが……。

・フサイチエアデール13
サンデー×ミスプロという柔らか構成は良いですね。
3代母ラグタイムガールの部分にある米パワーがシッカリと伝わってくれれば楽しみです。

・シャルマンレーヌ13
デインヒル≒ダンシングキイってあまり良くないと思ってるんですけど、フローレスダンサーを見る限り特にマイナスではないのかもしれませんね。
にしても、母がノーザンダンサーとリボーのクロスですから、もう少し軽くても良いような。

・ユキチャン13
ハービンジャー×クロフネという組み合わせは、全体的に筋肉質すぎることに加えて、ロベルトのクロスまで成立するので、相性は良くないのではないかと思ってます。

・ダンスノワール13
サンデー×シアトルスルーはややダラっとした面がありますが、それを引き締める要素が少し薄いかな~と感じました。


こんな感じです!
あまり参考にはしないでくださいね(^_^;)

2014/09/02 | くりがしら[URL] | Edit

ありがとうございます!

くりがしらさま
ありがとうございます。参考になります。
しかしながら残念なことにシルクの募集馬になってますね。
(これはこれで勉強の材料にさせて頂きます!)
追記を出されるかはお任せいたします

2014/09/03 | snowy[URL] | Edit

snowyさん

あぁっ!
なんていうミス。
ではもう少し待っててください。
また出直してきます(笑)

2014/09/03 | くりがしら[URL] | Edit

snowyさん

お待たせしました。
今度こそ本当のキャロットです(笑)

・ルミナスグルーヴ13
ソニックグルーヴがあまりピリッとしない重さがあるため心配。
せめて母父がタキオンじゃなくサンデーだったら良かったのですが。

・マクダヴィア13
サンデーが無い分、少し重さが強い感じが。
それとブラッシンググルームのクロスだけに気性面の不安も気になります。

・ジュモー13
ビスクドールの部分は良いです。
ただタニノギムレットの部分で、ロベルトのクロスとヒズマジェスティ≒グロースタークが成立するため、かなり鈍重さが強くなりそう。

・ディアデラノビア13
サンマルティンが出ているように、配合的には問題ないと思います。

・モンローブロンド13
スピードに優れた母なので、ハービンジャーの重さを解消するには良さそうです。
サンデー+アリストファネスなので、ポイントも押さえてあります。
唯一の不安は母がノーザンダンサーのクロスを持っている点でしょうか。

・ヴェラブランカ13
ハービンジャーは、クロフネのような重たいパワーと相性が良いのかが謎です。
アドマイヤサンデーの方は良いと思うのですが。

・ドルチェリモーネ13
母父サンデーは良いのですが、他がもう少しピリッとしていると尚良かったと思います。
テューダーミンストレルの薄いクロスがどの程度効果を発揮してくれるのかがカギかもしれません。

・ブルーメンブラット13
ちょっと柔らかさが勝った血統構成なので、もう少し硬めな血があっても良かったかもしれません。
嫌いな構成ではないのですが……。

・ジュピターズジャズ13
ノーザンテーストの硬さが極端に出なければ、バランスとしては良さそうですね。
ダンジグとネヴァーキャッチが「ハイペリオン、フェアトライアル、ネアルコ、ウォーアドミラル」で絡むのがプラスに出れば面白そう。


こんな感じです!

2014/09/05 | くりがしら[URL] | Edit

ありがとうございます

くりがしら様

わざわざありがとうございました!
勉強材料にさせて頂きます。

2014/09/05 | snowy[URL] | Edit