09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
 

サトノフラム考察・・・ポジティブとネガティブの間で

2週間前に患った帯状疱疹がようやく完治したというのに、今度は風邪をこじらせました(;´Д`)
免疫力が低下してんのかなあ・・・。



今回はサトノフラムを考察します。
タイキシャトルの甥にあたる良血。
しかも調教バツグンとくれば、期待せずにはいられません。



マンカフェは母方にカーリアンを持つ馬と相性が良く、ジョーカプチーノ、レッドディザイア、ガルボ、テイエムオーロラ、マッハヴェロシティなどの活躍馬を出しています。
しなやかなスピードを強化する仕掛けとして、非常に効果的なのです。

・3歳春までの成績データ

頭数 芝勝ち上がり率 芝連対率 芝1走当
マンカフェ全体 885 166 18.8% 17.9% 159万円
カーリアン持ち 53 8 15.1% 22.1% 323万円


POG期間内の活躍馬を狙う場合、柔らかさの強化だけでなく、ピリッとしたパワーを補強がしてあるかどうかも大切なポイントと言えます。
特にオススメなのが、フォルリを持つ繁殖牝馬。

マンカフェ×カーリアンのパターンを持つ馬も、ジョーカプチーノ、レッドディザイア、マッハヴェロシティなどが、フォルリからパワーを取り込んでいますね。
本馬のようにウェルシュマフィン(カーリアン+フォルリ)経由のパターンは、タイキシャトルとの組み合わせが全部で7頭いますが、マッハヴェロシティとウインスペンサーが出ていますので悪くない組み合わせです。

フォルリについては、先日のフォワードカフェ考察の時にも少し書いたので、良かったらご覧になってください。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1239.html



ここまでは相性の良い血脈についての考察でしたが、今度は逆の考察です。

本馬の母父ブライアンズタイムは、とにかくサンデー系種牡馬と相性が悪いです。
サンデー系種牡馬×ブライアンズタイム持ちの繁殖牝馬という組み合わせは、全部で597頭デビューしていますが、POG期間に重賞を勝ったのは、オールアズワン、サクラプレジール、トレンドハンター、メイケイペガスターの4頭しかいません。

マンカフェ×ブライアンズタイムからはトレンドハンターが出ていますので、アタリが出ただけマシですが、それでも悲惨なことには変わりません。

・3歳春までの成績データ

頭数 芝勝ち上がり率 芝連対率 芝1走当
マンカフェ全体 885 166 18.8% 17.9% 159万円
ブライアンズタイム持ち 46 3 6.5% 13.3% 101万円


これらを踏まえて、どちらを重視するか悩ましいところです。

これで調教が酷かったのなら、ブライアンズタイムのせいにしてスルー出来るんですけどね~。
調教がここまで良いと、ついついカーリアン+フォルリがプラスに作用しているのではないかと考えたくなってしまいませんか?(笑)




スポンサーサイト

Comment

はじめまして。
トモタスと申します。
いつも楽しく読ませてもらってます。
noteで気になる馬の考察を購入させていただきました。

質問させて欲しいのですが、キャロットクラブのあるディープインパクト産駒の考察で相性のいい血が多いけどパワーが足りないとおっしゃっていますが、ウォーレリックでパワーの補完はできてませんか?
以前ディープにはウォーレリックでパワー補完できるとブログでおっしゃっていたものですから。

馬体は緩々ではなく硬さも感じるのでパワーも多少あるのではないかと気になって質問させていただきました。
宜しくお願いします。

2014/09/11 | トモタス[URL] | Edit

トモタスさん

はじめまして!
購入してくださってありがとうございます!!

ディープ×ストームキャット+ウォーレリックの代表産駒を見ると、キズナの場合は祖母パシフィックプリンセスが重厚なパワー型の上、ダマスカスという強力なパワー血脈を経由してスピードボート(ウォーレリック全妹)を補強しています。
アユサンの祖母バイザファームも米パワー血統の塊で、アファームドとインテントというパワー血脈を通じてグッドイグザンプル≒ウォーレリックのニアリークロスまで持っています。

このパターンの配合については、ウォーレリックを持っているだけではなく、キズナやアユサンのように、それ以外の部分もパワーに寄せることが重要だと思っています(あくまで好み的な問題です)。

トモタスさんの仰っている馬の場合、確かにウォーレリック的なパワーはしっかり補強されていますので、悪くはないと思います。
ただラーイやミスプロの軽さに加えて、セクレタリアト≒チーフテン4×5・4のボルキロ血脈の多重クロスまで持っていますので、ウォーレリックの補強効果がはたして産駒に伝わるのかな~という疑問がありました。
そのパワーよりも、軽さ・柔らかさの方が強く伝わってしまう可能性が高いと思ったので、note上であのような表現にしました。

トモタスさんが馬体を見て硬さを感じたのであれば、上手くインリアリティ(ウォーレリック)などのパワーが効いているのかもしれませんね。
僕の意見はあくまでも個人的な意見ですから、あとは皆さんなりの血統的な見解や、その他のファクターなどと併用して、アレンジしていただけると助かります(^o^)

2014/09/11 | くりがしら[URL] | Edit