やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

サトノクラウンを試食してみたい

明日の東京新馬戦に出走するサトノクラウンが結構面白い配合をしています。

サトノクラウンの母であるジョコンダ2の配合がかなり特徴的。

父のロッシーニは、ミスプロ系のスプリンターだった馬で、ホープスプリングスエターナル≒アイボリーワンド2×2による、サーアイヴァー由来の「ナスキロ+メノウ」的な軽快さに優れています。

更にジョコンダ2の母父ヴェットーリも、ミスプロ系のマイラー。
ヘイロー≒サーアイヴァー3×2があり、こちらもサーアイヴァーの軽さを武器にしています。

つまりジョコンダ2というお母さんは、特徴が全く同じタイプの種牡馬を父と母父に持っているわけです。
というか、結論を言えばロッシーニ≒ヴェットーリ1×2なんですよ。

http://pednet.k-ba.com/cgi-bin/ped/match.pl?fdata=56822&mdata=18991
共通する血脈は、ミスプロ、サーアイヴァー、ノーザンダンサーのわかりやすい直接クロス以外にも、サーアイヴァー≒ホープスプリングスエターナル、サーアイヴァー≒ヘイロー、バックパサー≒フレーミングページなど、挙げればキリがありません。


んで、そんなジョコンダにマルジューを配して、サトノクラウンが誕生しています。
実はサトノクラウン自身も強烈なクロスを持ってまして、これがまた凄いんですよ。


まずラストタイクーン≒タッチオブグレイトネス(ロッシーニの母)2×3。
ノーザンダンサー、ミルリーフ≒ナタシュカ、ブサンダ≒ミスターブッシャー≒サーチング、メノウ≒アッティカ、アリバイなどが共通しています。

そしてもう1つは、ラストタイクーン≒エアディスティング(ヴェットーリの母)2×4。
トライマイベスト≒ニジンスキー、ロイヤルチャージャー≒ナスルーラ、ミランミル≒クイルなどのクロスを抱える組み合わせです。


つまりサトノクラウンは、母ジョコンダの特徴であったロッシーニ≒ヴェットーリ(の一部)を、ラストタイクーン≒タッチオブグレイトネス≒エアディスティング2×3・4と継続するかたちで、更に強化している馬なのです(゚∀゚)

ついでに言うと、サトノクラウンの場合はウェルシュパジャントとハイトップ間で「テューダーミンストレル≒アバーナント、コートマシャル」の組み合わせのクロスになっていて、ラストタイクーン、ロッシーニ、ヴェットーリ以外の部分でもガッチリと脈絡する仕掛けを抱えています。


僕はこういうスゲー強烈なヤツが大好きなんですが(笑)、いや~ここまでしつこく増幅していると、一概にプラスとは言えない感じもします(^_^;)
グツグツ煮込んだことでコクとなり旨味を増しているのか……、逆に煮詰まってしょっぱくなってしまっているのか……。

でも全姉ライトニングパールはそれが功を奏し、英スプリントG1・チヴァリーパークSを制しました。

どんな味なのか、試食してみたくて仕方がありません((o(´∀`)o))
でもPOGは試食じゃなくて、お買い上げ限定だからな~(笑)


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.