クロイツェルが良さ気に見える

今週はピンストライプが2着で勝ち上がれず。
ヤマニンマンドールに至っては京王杯2歳Sを直前回避し、すでに放牧になっているということは…((((;゚Д゚))))、みたいな状況。
相変わらず僕のPOGは低空飛行です。

そんな僕が指名候補として狙っているのが、明日デビューするクロイツェル。


この馬はマンハッタンカフェの成功パターンには該当してないんですけど、ちょっと今回は種牡馬目線でなく、最近研究中の「血統×厩舎」を活用してみたいな~と思って狙ってみました。


過去の活躍馬を元に考えると、須貝厩舎は間違いなく「ディキシーランドバンド」との相性が良いハズなんです。

須貝×ディキシーランドバンドという組み合わせは、すでにレッドリヴェールが結果を出してますね。
これはディキシーランドバンドがステゴの配合的に良かったというのもあるのですが、厩舎との相性もピッタリだからこその結果だとも思っています。


もちろん、厩舎との相性だけ見て、肝心の馬そのものの配合を蔑ろにしているわけではありませんよ。

クロイツェルの母ファーストバイオリンはチーフズクラウンと同じ一族で、配合的にも良く似ています。
http://pednet.k-ba.com/cgi-bin/ped/match.pl?fdata=198250&mdata=893

また、「ノーザンダンサー+セクレタリアト」という構成はストームキャットとも一緒です。
http://pednet.k-ba.com/cgi-bin/ped/match.pl?fdata=198250&mdata=758

マンカフェ×チーフズクラウンからはハンソデバンドが出ていますし、マンカフェ×ストームキャットはショウナンマイティ、トレンドハンター、エーシンミズーリ、マッハヴェロシティ、アンシェルブルーを出す成功パターンです。

まあでも、ストームキャットが伝える資質とファーストバイオリンが伝える資質はちょっと違うので、だからファーストバイオリンも成功パターンだ!とは言えないんですけども、活躍したら後出しで成功の要因を解説できる配合馬ではあります。


そりゃ理想で言えば、馬そのものの配合も良くて、尚且つ厩舎との相性もバッチリ!という馬を指名したいです。
でもおそらくこの時期だと、そういう完璧な候補は中々見つかりませんからね。

厩舎研究による指名の本格的な運用は来期から頑張るとして、とりあえず今期は試験的なチャレンジということで、第一弾の候補でクロイツェルをピックアップしてみました。


と言っても、僕の身内POGは指名が競合する場合もありますので、まだ僕の指名で決定したわけではありません。
このまま僕の指名になった場合、今期の僕=デスノートですから、すでにクロイツェルを指名者している方には本当に申し訳なく思います。

でもここまでハズレを引き続けていれば、そろそろアタリが出る頃だと思うんだよな~(´・ω・`)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
最新記事
カテゴリ
最新コメント
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
リンク