やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

レガッタ簡易考察

ディープ×スイープトウショウという良血で、注目度もバツグンですね。

・良い点
ディープインパクト×ダンシングレーヴという組み合わせは、アルザオ≒ダンシングレーヴを根拠とするニックス。
切れ味を強力に増幅する仕掛けです。
この組み合わせはこれまで11頭がデビューし、スマートレイアー、サトノルパン、アヴニールマルシェなどの活躍馬が出ています。
詳しくはコチラ→http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1171.html


・不安な点
ディープ×ダンブレの弱点は、柔らかさが強く出すぎてしまうという点でしょうか。
しかしレガッタの場合、母父がミスプロ系の軽快なスピードを伝えるエンドスウィープです。
ダンシングレーヴの弱点を補っているとは言えません。


・他の注目点
5代目のダンディルートの母デントレリックに注目。
この血はウォーキルト=ウォーレリック3×3のクロスを持っているんですよね。
同人誌の17ページで書きましたが、ディープインパクトはウォーレリック3×3のインリアリティと相性が良いです。
このことから、デントレリックの補強はディープインパクトにとって面白い効果をもたらす可能性があります。


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.