コンテントヘッダー

ディープ×ゴーンウェスト+◯◯=成功パターン?

ゴーンウェストという血は、ミスプロ系のスピードを基本に、母方のセクレタリアトやトムフールから素軽さを受け継いでいるため、かなり軽快な資質を伝えます。
更にディープとの組み合わせでは、サーアイヴァー≒セクレテームのニアリークロスにもなるため、その軽さがより強調されることになるでしょう。

ただし、しなやかさや素軽さが長所となる一方、柔らかすぎるという弱点にもなっています。
むしろ個人的にはフニャフニャになりすぎてマイナスなんじゃないかと思うほど。
実際、昨期までの3~6世代のディープ×ゴーンウェストの成績はかなり悲惨なものでしたから。


・(3~6歳世代の)3歳春までの成績データ
3~6歳世代 頭数 芝勝ち上がり率 芝連対率 芝1走当
ディープインパクト全体 520 243 46.7% 31.0% 328万円
ゴーンウェスト持ち 18 3 16.7% 20.6% 131万円


ただ今期の2歳世代に限っては、やけにゴーンウェスト持ちが活躍しているんですよね。
そこで色々と考えたのですが、一つ秘訣になっていそうなのは、『ヌレイエフ』がポイントなんじゃないか説。

ゴーンウェストの構成血脈の中で一番パワーを秘めているのは、3代母父の『テューダーミンストレル』でしょう。
これにヌレイエフを合わせて、(ゴーンウェストが抱える)テューダーミンストレルと(ヌレイエフが抱える)フォルリの「ハイペリオン×レディジュラー」を呼応させようというワケです。
そうしてパワーを増幅させることで、ゴーンウェストの弱点が上手く解消されるのかもしれません。


ゴーンウェスト+ヌレイエフに関しては、ヌレイエフ自体がディープと相性の良い血脈というのも良いですね。
更に付け加えると、ゴーンウェスト+ヌレイエフは、同人誌の25ページで紹介した「ディープ×テューダーミンストレル+フォルリ」という成功パターンへ、自動的に当てはまるというのも高ポイントでしょう。


3~6歳世代のディープ×ゴーンウェストで、母方にヌレイエフを併せ持つ馬を調べたところ、該当したのは未勝利馬のナイトジャスミン1頭。
この馬は馬体重が400キロにも満たない馬ですから、血統以外のハンデキャップがデカすぎました。

2歳世代ではこのパターンを持つ馬が3頭います。

土曜日のからまつ賞で2勝目を挙げたショウナンアデラ。
ナイトジャスミンの全弟で、昨日の東スポ杯に出走したグリュイエール。
そしてデビューから2連勝中で、今週の京都2歳Sで一番人気になるであろうティルナノーグ。


もちろん今の段階で成功パターンかどうかを決めつけるのは早計すぎます。
しかし今後の動向に注目したい配合パターンだとは思いませんか?


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

ヒルダズパッション、高かったけど、買って良かったかもの記事ありがとうございますm(_ _)m

こんばんわ♪

私もヒルダズパッションをチェックしましたが、シアトルスルーとサドラーが気になりました。
宜しければご見解お教えてください。

>ウィスパリングさん

心の拠り所になれたようで何よりです(笑)
ゴーンウェストの欠点が上手くカバーできていればいいですね!(^o^)

>コリンキーさん

ヒルダズパッションについては、SNS「note」の有料記事にて、詳しい考察をしています。
https://note.mu/kurigasila/n/n2da2992ed70a?magazine_key=m71eecc15cded

記事を購入してくださった方のこともありますので、申し訳ありませんがブログでのコメントは控えさせてください。
m(_ _)m

くりがしらさん、

大変申し訳ありませんでした。

>コリンキーさん

いえいえ、こちらこそ融通が利かずに申し訳ありません!(^_^;)
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
最新記事
カテゴリ
最新コメント
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
リンク