やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

阪神JFプチ考察(その1)

あいうえお順で考察していきます。


・アカリアイドル
サクラバクシンオー産駒は、母方の構成を余程柔らかい血で固めない限りは、父の資質そのままのスプリンターになると思うんですよ(^_^;)
この馬は母父がサンデー系ならまだしも、ラムタラですからね~。
やっぱり短距離馬じゃないかな~と。


・アルマオンディーナ
母はノーザンテースト+アレッジドでスタミナ満点。
ただ本馬の父はキンシャサノキセキですから、距離適性を伸ばすスタミナというよりは、スプリント戦でへこたれない底力として機能するんじゃないかな~(機能して欲しいな~)と思ってます。


・アローシルバー
オリオール≒ハイハット5×5・6なので粘り強さには見どころがありそうです。
ただ母父がエーピーインディだけに、メリハリのない(ダラシない)ストレッチランナーっぽい。


・エフェクト
ミスプロ系の淡白なスピードで走るタイプだけに、あまり魅力的には見えません。
ぶっちゃけ、スクワートルスクワートの配合がイマイチ良くわからないだけなんですけどね(^_^;)


オーミアリス
ダンシングブレーヴとロイヤルアカデミー間で、「ノーザンダンサー、ビューマックス≒ブルページ、トムフール≒ファーストローズ」の組み合わせのクロスになっています。
増幅している血脈からイメージするに、マルゼンスキー的な米パワーを武器にするタイプかなと。
同時にダンシングブレーヴ的なムラッ気も出ていそうなので、馬券的には少しアテにしづらそう…。


・カボスチャン
タニノギムレット×ノーザンテーストという組み合わせは、ハイペリオン+ローマン(≒チョップチョップ)的な頑丈さが前面に出やすいです。
なので内回りで応援したい馬かな。


・クールホタルビ
マツリダゴッホ×ミスプロ+シアトルスルー(ボルキロ)という組み合わせは、個人的に結構好きな配合構成です。
ただマツリダゴッホとノーザンテーストの硬さを少し強めに感じるので、マイルよりは千四があってそう。
あと母父ヘクタープロテクターだけに、どうしてもトライアル馬っぽいイメージが抜けないんですよね(^_^;)


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.