09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
 

クロフネ編でボツになった血脈

本年度の同人誌ではクロフネ編を考察しました。
その際、考察文は書き終えていたものの、クロフネ編に割ける残り1ページ枠を「チヨダマサコ」と争い、その結果ボツになった血脈があります。

それは「ラスティックベル」。
フサイチリシャールやサイオンを送り出した名牝“フサイチエアデール”のお母さんです。


クロフネ×ラスティックベルのポイントを簡単に言うと、「ヘイルトゥリーズン≒フランシスエス」と、「ブラマリー≒ゴールドディガー」のクロスによって、クロフネが抱える“ロベルト”を増幅すること。
これによって、クロフネの長所であるパワーを、あまり重苦しくさせずに全面に出すことが出来るのです。


さて、この原理と同じ方法でロベルトを刺激しているのが、今週の朝日杯に出走するクラリティスカイ。

祖母のタイキダイヤがフランシスエスとゴールドディガーを持っているため、クロフネのロベルトをラスティックベル的に増幅しています。
ま~同人誌で「クロフネは牝馬から選ぼう」的なことを書いてる僕が言うのもなんですが(^_^;)、クラリティスカイはクロフネ牡馬としてはかなり好きな配合です。

そういやこの馬は、母父スペシャルウィークに内包されるマルゼンスキーもロベルトの増幅に絡んでますね。
クロフネ×マルゼンスキーは同人誌100ページで書いたように、中々魅力的な組み合わせです。


スポンサーサイト

Comment