≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

レース結果は、1着(△)グァンチャーレ、2着(…)ロードフェリーチェ、3着(▲)ナヴィオン。
いや~今回は完敗ですねえ(;´∀`)


グァンチャーレについては、東スポ杯の時も今回も「配合的に魅力がない」と書いてしまっているので、言い訳のしようがありません。
軽快にカスタマイズされたデインヒル走法で、ヘイロー的な俊敏さのセンスが決め手となった感じでしょうか。
とは言え、京都外回りで強いタイプの配合というわけでもありません。
能力が突出していたという感じでもなかったので、やっぱり今回はどの馬にもチャンスはあったと思うんです。

にも関わらず、ナヴィオンは好スタートなのに自然と最後方に下がっていく福永騎手らしい迷騎乗。
ダッシングブレイズもマリオカートで言うとクッパ的な重厚加速なのに、デムーロ騎手の消極的な騎乗の影響で脚を余す結果に。
ロードフェリーチェはレース前から控える騎乗をほのめかしていましたからまあ仕方がないですが、いずれにしても2~4着の3頭がディープ産駒のようなスパッと切れるタイプならば最後も差しきっていたでしょうけど、そうじゃないですからね。

結果的に上手い騎乗をした武騎手の馬が勝利を掴んだ、そんなレースだと感じました。


こういう混戦のレースだからこそ、本命のヤマニンマンドールもいけると思ったんですけどねえ。
岩田騎手の騎乗は良かったですし、坂の下りで進出していく手応えには、ちょっとイケるんじゃないかとドキドキしました。
でもあれでレンイングランドとノースストームを交わせなかったのですから、今回は力が足りませんでしたね。


ブログで予想を公開するために、2~3歳のレースの馬券考察をマジメに取り組み始めて今回で7レース目。
ホープフルSといい、今回といい、今更ながら福永騎手の騎乗は非常にストレスがたまります…(-_-;)
京成杯のソールインパクトは戸崎騎手という情報があるので、安心して重い印を打てそうです。

スポンサーサイト


この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.