やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レッドクライム
 2.クライムメジャー
 3.ヴァナヘイム
 4.アドミラブル
 5.クリアザトラック
 6.メイズオブオナー
 7.ハナレイムーン
 8.ボムクレイジ
 9.グラニーズチップス
10.ロードアルバータ

<マイナーグループ>
 1.モンドキャンノ
 2.スピリットオブラヴ
 3.インヴィクタ
 4.ペルシアンナイト
 5.ラボーナ

<地獄グループ>
 1.ジューヌエコール
 2.ハッシュタグ
 3.サンライズノヴァ
 4.カウントオンイット
 5.ウノピアットブリオ

池江厩舎はハイペリオンがお好き 2015-01-19-Mon

昨日の京成杯を勝ったベルーフは、身内POGでヒデちゃんに指名されている馬です。
ヒデちゃんはベルーフの他にもダノンプラチナも指名していて独走状態なのがムカつきます(●`ε´●)


それはそうと、ヒデちゃんがベルーフを指名した時にLINEで会話をしたんですけど、池江厩舎ってノーザンテーストを持つ馬の活躍馬が凄く多いんですよね。

今回のベルーフ以外にも、ドリームジャーニー&オルフェーヴル兄弟、トーセンジョーダン&トーセンホマレボシ兄弟、トーセンスターダム、オーシャンブルー、フォゲッタブル、ラブリーデイ、ウォータクティクスなどがノーザンテースト持ちです。
ステゴ×オリエンタルアートなんてノーザンテーストのクロスですから、まさに代表的な存在と言えますね。

実は池江厩舎は「父がノーザンダンサーで、更にハイペリオンの濃いクロスを抱える」血脈を持つ馬を育てるのが上手んです。


ノーザンテースト以外でいうと、父がノーザンダンサーでハイペリオン4×4のヌレイエフ持ちには、トーセンジョーダン、トゥザグローリー&トゥザワールド、ラブリーデイ、ハブルバブル、アトム、カフナ、ゴールスキー、ルナフォンターナ、アイスドールがいます。

他ではビーマイゲストからもワールドエースが出ましたね。

となると、今はサンプル数が非常に少ないのでまだ活躍馬が出ていませんが、おそらくディキシーランドバンドとの相性も良いのではないかと推測されます。


今期のPOGではもう活用する機会はないでしょうけど、来期に活用してみてはどうでしょうか?
ちなみに、これらの考察はいずれSNSの「note」で販売するつもりでいるので、詳しくは内緒にしておきますが、音無厩舎や須貝厩舎も同じような傾向があるので覚えておくといいですよ~。

藤沢厩舎、藤原厩舎、角居厩舎、石坂厩舎、友道厩舎の考察はすでに販売していますので、もし良かったら買ってくださいね( ゚∀゚ )
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1288.html

スポンサーサイト

CATEGORY血統を勉強中 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« 若駒Sプチ考察(その1) | ホーム | 京成杯プチ回顧 »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |