ブログランキング
 
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
 
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
 
くりがしら
 
今年の指名馬
 
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.アドマイヤキング
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.ネプチュナイト
 6.コンキスタドール
 7.ヒシコスマー
 8.
 9.
10.

 

2015年02月14日(土)
共同通信杯プチ予想

 
最近あまりブログに時間を割くことが出来なくて、申し訳ないのですが今週からは予想コーナーを簡易化します(^_^;)

まずは予想から


◎ドゥラメンテ
◯アヴニールマルシェ
▲ソールインパクト
△リアルスティール
△アンビシャス
△コスモナインボール


ドゥラメンテは「ナスルーラ+ハイペリオン」的な斬れ。
アヴニールマルシェは「ナスルーラ+プリンスキロ」的な斬れ。
源泉となっている資質は違いますが、共に重厚に斬れるタイプでスピードの性質が似ています。

どちらも加速に時間がかかる配合なので、直線いかにスムーズに追えるかが特に重要な2頭です。
これまでの実績ではアヴニールマルシェですが、配合のクオリティはドゥラメンテの方が上だと思っています。
前走で見せたインパクトを信用し、ドゥラメンテを本命にしました。

では印を付けた馬を個別に考察します。



◎ドゥラメンテ

ホーンビーム+パロクサイドによる「ナスルーラ+ハイペリオン」的ストライド走法がベースで、いかにも東京で斬れますよというタイプ。
トニービン特有のダラシなさに対して、母父にサンデーサイレンスを挟むことで機敏さを加え、尚且つノーザンテーストでカチッと引き締めているのも素晴らしいです。
キンカメの配合としてS級のクオリティ。


◯アヴニールマルシェ

アルザオ≒ダンシングブレーヴの斬れ味を無骨な米パワーが支える構成で、マリオカートで言うとクッパタイプ。
東スポ杯では直線の進路がスムーズに取れず、不利とまでは言いませんが、加速力で劣るこの馬にとってはそれなりのロスだったと思います。
今回こそはスカッとする会心の競馬を期待したいところです。


▲ソールインパクト

ダンジグ+ミスプロによる速力や、ダマスカス+インリアリティのパワーなど、アメリカ的な要素がゴッソリ詰まっています。
ディープ的な柔らかさと、筋肉質なパワーを同時に兼ね備えた馬…と書くと聞こえは良いのですが、実際は器用貧乏キャラになっているように見えます(^_^;)
適性的に考えて、東スポ杯でサトノクラウンとアヴニールマルシェに負けたのは順当。
今回はサトノクラウンはいませんが、その代わりにドゥラメンテというまたしても東京向きの大物がいますからねえ。


△リアルスティール

ディープ×ストームキャットは緩さが出やすい配合型で、全兄ラングレーはそこを受け継いでしまっていました。
しかしリアルスティールはキングマンボのパワフルさをしっかりと受け継いているように見えて、ストームキャットの弱点が補えているように感じます。
これはディープの配合としては凄く良いことで、まだ1走だけなので何とも言えませんが、ひょっとしたらPOG期間の大仕事も期待出来るかもしれません。


△アンビシャス

エルコンドルパサーのような「ヌレイエフ≒サドラーズウェルズ」を持つ血脈というのは、ややサドラーズウェルズの影響が強くなりすぎるのか、重厚さが出すぎる傾向があります。
しかし本馬の場合は、祖母の持つテューダーミンストレル5×5・6がエルコンドルパサーのフォルリと呼応し、高回転の推進力の方を上手く引き出すことが出来ています。
機動力に長けたタイプなので東京向きというわけでもありませんが、ディープの配合としては好印象です。


△コスモナインボール

サーゲイロード5・6×5・7を始め、合計8本のナスキロ血脈を抱えているため、ダラダラと惰性で走るグニャッとタイプ。
外回り向きの馬で、しかもサウスポー疑惑もあることですし、この舞台は悪くないハズ。
ただ今回は切れ味に長けたライバルが多いですから△評価が限界かな。

スポンサーサイト
 
 
 

Comment


    
 

お疲れ様です

私も◎と○は一緒ですね。ドゥラメンテは外回り、直線の長いコース向きでしょう。ダービー狙いかな。▲はティルナノーグで、この馬は母系がジルザルとゴーンウエストのマイラー寄りだから、意外に明日は合うかもで、リアルインパクトやコティリオンみたいにNHKマイル行かないかなと思っています。

2015/02/14(Sat) | とる | URL | Edit
 

>とるさん

ドゥラメンテはついに気性面の課題が出始めてしまいましたが、今後のことを考えると良い経験だったのではないでしょうか。
ティルナノーグはどうも迫力不足で、あれはゴーンウェスト的なんですかねえ。

2015/02/16(Mon) | くりがしら | URL | Edit