≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

レース結果は、1着(△)キャットコイン、2着(◯)ミッキークイーン、3着(▲)ロカ。
馬券は◎ロッカフラベイビーが着外の飛んだのでハズレ…。


いやしかし、先週は「マンハッタンカフェ×ブラッシンググルーム」牝馬のネガティブニックスを嫌って撃沈(馬券は当たったけど)。
そして今週は「ステイゴールド×ミスタープロスペクター」のネガティブニックスに粉砕されちゃいましたね~(^_^;)

ステゴ×ミスプロは柔らかさが強くなるため、頑丈さが必要なステゴにとってはマイナスになる、というのが僕の考えです。
それ自体は間違ってないと思うのですが、キャットコインは前走も中山で力強い走りを見せていたように、全然非力には見えません(笑)

ステイゴールドにパワーを補強する手段としては「ノーザンテーストを増幅すること」と、「ノーサードチャンスを(ウォーアドミラル×ラトロワンヌ)血脈で増幅すること」の2点が特に有効です。
その点キャットコインは「ノーザンテースト≒ストームバード」4×3と、「ノーサードチャンス≒ブサンダ≒ベターセルフ」5×6・7を持っていますので、一応活用馬の条件を満たしてはいるんですよねえ。

実馬の走法と資質で何が遺伝しているのかを見抜くのが重要であって、血統表を字面で判断しちゃダメだよ~という、当たり前のことを教わりました。

それでも僕はディープ×ロベルト、ステゴ×ミスプロは字面だけで嫌い認定したい…そんな男です(笑)


2着のミッキークイーンは馬体重の大幅減がイタすぎました。

馬体が細いという情報は事前に聞いていたので、だからミッキークイーンを◯印に落として、代わりにロッカフラベイビーを◎に上げたのですが、僕は本命馬の三連複1頭軸で馬券を買うので、ミッキークイーン本命のままだったら馬券は当たってたんですよね(笑)

ミッキークイーンについてもう1つ補足すると、この馬はスペシャルとケネディロード間で「ハイペリオン、フェアトライアル、フレアズ、ネアルコ」の組み合わせのクロスになっています。
http://pednet.k-ba.com/cgi-bin/ped/match.pl?fdata=4492&mdata=1652

去年サラブレで「スペシャル×ダンジグ」のニックスを書かせてもらいましたが、それと同じ原理でパワーを身につけています。
ディープ×スペシャル×ダンジグではミッキーアイルやエバーブロッサムが活躍していますが、それと似たパターンということですね。

配合は素晴らしいので、次走以降の巻き返しに期待しています。


3着のロカはシャリーフダンサー≒アルザオらしい、柔らかいストライドで追い込んできましたが、やっぱり重厚さが抜け切れていないように感じました。
ハービンジャー産駒でも外回り向きのタイプですが、マイル戦でのスピード勝負はやはり苦しそうです。

ハービンジャーって基本的には重厚なパワーを活かすタイプなので、牝馬向きの種牡馬ではないのかもしれませんね。

スポンサーサイト


この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.