笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

アーリントンC プチ予想

まずは予想から


◎マテンロウハピネス
◯アルマワイオリ
▲ナヴィオン
△ネオルミエール
△エイムハイ


マテンロウハピネスの走りはちょっと鈍重で、正直に言えば、普段ならあまり本命にするタイプの馬じゃないです(^_^;)
でも今回は外回り向きの切れ味+瞬発力面で魅力に感じる馬が少ないので、ひょっとしたらイケるんじゃないかなと期待してみました。

では印を付けた馬を個別に考察します。



◎マテンロウハピネス

母方にトニービンとブラッシンググルームを持つダイワメジャー産駒といえば、一昨年このレースを勝ったコパノリチャードと一緒。
本馬は間にモンジューを挟んでいますので、コパノリチャードよりもかなり重厚さに偏っています…ってこれ褒めてないですね(笑)
でも母がグレイソヴリンとワイルドリスクのクロスで、柔軟に斬れる走りを受け継いでいますから、ちょっと一発に期待したくなっちゃいました。


◯アルマワイオリ

母のイナズマローレルはポリッシュプレセデント≒マルゼンスキーの米パワーが強調された配合をしています。
そこにパワー型のマツリダゴッホを配してクラフティアドミラルのクロスですから、アメリカ的な突進力がより磨かれる組み合わせですね。
「ナスルーラ×プリンスキロ」的な柔らかさもしっかりと感じるので、マツリダゴッホの配合的にはかなり好き。
本質的は内回り型かと思いますが、瞬発力はありますからキツいレースにならなければ決め手は上位かなと。


▲ナヴィオン

ノーザンテーストが強く出たパワーピッチの内回り馬だと思っているので、配合的な強みはそんなに感じません。
ただ、この馬よりも更に配合的にコース適正の優れた馬が今回は見当たらないんですよね。
鞍上は岩田騎手なので、今までのように終いの切れを活かすのではなく、もう少し積極的な競馬をしてもらって、ノーザンテースト的な機動力を駆使した競馬を見てみたいです。


△ネオルミエール

ブライアンズタイムのモッサリ感が出ていて、ネオユニヴァースの長所である機動力はあまり無い気がします。
かと言って、外回り向きの切れがあるわけでもないと思うんですよね。
母から高い能力を受け継いでいるので、それが好結果に繋がっているのでしょうけど、個人的にはネオユニヴァースの配合としても魅力的には思えないので評価は△まで。


△エイムハイ

アルザオ≒ダンシングブレーヴらしいしなやかさを持ちつつも、母系からパワーをしっかりと受け継いでいて、走りに力強さがあるのが良いですね。
ただし、そのワリにはディープらしく切れないもどかしさがあって、それはやっぱり母父がダンシングブレーヴではなく、コマンダーインチーフだからなんでしょう。
ロベルトはディープの良さを消してしまいますからねえ。

スポンサーサイト


2015/02/27 | 06:50
予想コメント:0トラックバック:0
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)

 
 

 
Copyright © やれなかった・やらなかった・どっちだろう All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?