やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

弥生賞 プチ考察

まずは予想から。

◎シャイニングレイ
◯ブライトエンブレム
▲トーセンバジル
△ベルラップ
△サトノクラウン
△コメート


印上位の3頭はどれを本命にしても良かったのですが、好位で競馬が出来るセンスを考えて、シャイニングレイを本命にしました。



◎シャイニングレイ

トニービン的な柔らかさがあるため、本質的には外回りの方が合っているようにも感じますが、母父クロフネから筋力を受け継ぎ、中山の急坂でも高いパフォーマンスを発揮出来るオールラウンダー。
好位で立ちまわるセンスや、直線の反応の良さも兼備していることから、母方のロベルト+マルゼンスキーのパワーもしっかりと発現しているようで、今回も大崩れはないと思って本命に。


◯ブライトエンブレム

ネオユニヴァースにパワー型の繁殖牝馬を配した基本構成に加え、ドリーンやロードアットウォーを通じてフェアトライアル資質を補強していて、ネオユニヴァースらしさがしっかりと出ている好配合馬。
それだけに前走の阪神マイル戦は適正外のレースだったハズです。
弥生賞はロジユニヴァースやヴィクトワールピサが制したように、まさにネオユニヴァースらしい馬に最も適した舞台ですから、巻き返しに期待してます。


▲トーセンバジル
京成杯勝ちのベルーフと同じく、ノーザンテーストを使ってハービンジャーのデインヒル的パワーを引き出した好パターン。
ただし母がミリセント≒セクレタリアト4×4の「ナスルーラ×プリンスキロ」的柔らかさを持ち、本馬はそれをサーゲイロード≒セクレタリアトで継続クロスしている影響か、やや機敏さに欠けるのが気になるところ。


△ベルラップ

母がシンボリクリスエス×チーフズクラウンという組み合わせで、柔らかみはあるけど切れない持続タイプの中距離馬というイメージ。
前走はまだ芯がシャキッとしていないながらも、京都の下りで加速の補助をしてもらって、あとは惰性で踏ん張る競馬で勝ちました。
あれから体幹がどの程度しっかりとしてきているのかがポイントになりそうですが、個人的には本格化はもう少し先だと思っていますので、強敵が揃った今回は△評価にしておきます。


△サトノクラウン

ラストタイクーン≒タッチオブグレイトネス≒エアディスティング的な、しなやかスピードを武器にする馬なので、東京>中山だと思うし、千八>二千だとも思うんですよね。
ただし、母がサーアイヴァー≒ヘイロー≒レッドゴッドの俊敏さを持ち、更に自身はウェルシュフレイムとパトにより「ハイペリオン×フェアトライアル」的な機動力を有するため、中山に必要な機敏さはしっかりと持ち合わせています。
内枠でしっかりと脚をためて、直線で持ち前のセンス+加速力を活かす競馬をすれば好勝負は可能でしょう。
でもそれを福永騎手が実行してくれるのか…僕はこの騎手をそこまで信頼してません(^_^;)
なので△評価で。


△コメート

バークレア≒クリスタルクイーン3×4や、グーフド5×4底力の担保になっていて、配合自体はかなり好きな馬です。
同舞台の前走は2着に好走しましたが、母父のアフリートはミスプロ系のスピードタイプの上、ブラックタイドと合わせるとサーアイヴァー≒ヴェネチアンジェスター5×4のニアリークロスが発生するため、柔らかさをもそれなりにあって、サトノクラウンと同様に本質的に中山向きのキャラクターという感じはしません。
馬場もあまり良くなさそうですし評価は控えめ。

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.