09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
 

アネモネS プチ予想

日テレで『かぐや姫の物語』がやってましたね。
色鮮やかな美しい映像が生命賛歌に彩りを与えていて、本当に素晴らしい映画だと思います。

翁はかぐや姫のことを心から愛していて、常にかぐや姫の幸せを願って行動しているだけに憎めないのですが、なんていうか全て独りよがりで、自分の直感を信じすぎてる感が凄いです。
他人への配慮が欠けてるから、良かれと思ってやったことが結果的に相手を苦しめちゃう。

悪い人じゃないんだけどな~、こういう人いるよな~と思って観てました。


さて、まずは予想から。

◎メイショウメイゲツ
◯タマモイヤリング
▲メジャーフォルム
△テンダリーヴォイス
△アドマイヤピンク
△ダイワバーチュー


メイショウメイゲツとテンダリーヴォイスの2択で迷って、内枠に入った方を本命にしようと思ってたところ、メイショウメイゲツ1枠、テンダリーヴォイス7枠ということで、スッキリ解決しました。

にしてもテンダリーヴォイスの評価下げ過ぎですけどね(笑)



◎メイショウメイゲツ

デインヒル×オジジアンで構成された筋肉ムキムキタイプの母父ヨハンクライフの影響が強そうなので、どちらかと言えば中山向きのタイプ。
理想を言えば、もう少し走りに良い意味での“緩さ”があると良かったのですが、このメンバーならば配合的にも高得点の方でしょう。


◯タマモイヤリング

ブラックタイド×キンカメという組み合わせは、デイリー杯勝ちのタガノエスプレッソと一緒。
バークレアとタマモコトブキ間で「ハイライト≒テューダーミンストレル、コートマーシャル、ドナテッロ」の組み合わせのクロスになっていて底力も十分。
配合のポテンシャルは今回の出走馬の中で一番だと思っています。
デビュー当時は気性面が邪魔をしてチグハグなレースが多かったですが、近走の走りでは危うさが制御出来てきているようにも見えます。
思わぬ激走もあるかもしれませんよ。


▲メジャーフォルム

ダイワメジャー×ジェイドロバリーというパワータイプの構成で、ダートでも頑張っているのも納得は出来ますが、前走でも見せ場十分だったように芝がダメというわけでもありません。
とはいえ芝でのスピードには限界がありそうな気もしますので、中山急坂でのパワー勝負の今回はチャンスです。


△テンダリーヴォイス

母のミスアンコールは全体的には「ナスルーラ×プリンスキロ」的な柔らかさが強いですし、本質的には東京向きではないかと思います。
ただし母系は突進的なパワースピードに秀でているので、フェアリーSでも好走したように中山にも適応出来るタイプです。
もう少し馬格に恵まれていれば、更に力強さに説得力が増したんですけどねえ。


△アドマイヤピンク

ラストタイクーン≒ストームキャットによるしなやかさと、キングマンボ≒スクープザゴールドによる重厚なパワーを同時に受け継いだ、かなりどっち付かずの中途半端配合。
ただ切れ味を活かすにしてはしなやかさが足りなすぎる感じがするので、現状ではキングマンボ的なパワフルさで勝負する方がまだマシでしょう。


△ダイワバーチュー

叔父にキョウエイアシュラがいる血統で、スウェプトオーヴァーボードはノーザンテーストと相性がいいです。
近走は結果を残せていませんが、母父にスペシャルウィークを挟んでいるのも悪くないですし、配合的にはもう少しやれても良いと思います。


スポンサーサイト

Comment