09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
 

スプリングS プチ予想

僕はホラー映画を観るのが好きなんですけど(グロイのは苦手…)、この間はじめて『エクソシスト』を観ましたよ。
正直なところ、1時間半くらいは死ぬほど退屈だったんですけど、悪魔祓いが始まってからはヤバイですね。

今のホラー映画だったらBGMや効果音を多用するようなところでも、、静まり返ったままで淡々と死闘が繰り広げられているから、映画とは思えない緊迫感がありました。
暗闇に覆われた部屋と白い吐息のコントラストがまた不気味で怖かったです。

┌(_△_┌ )┐))))))) ←スパイダーウォークのリーガンちゃん

どうでも良い話なんですけど、エクソシストのテーマソングで有名なあの曲、「チューブラーベルズ」という曲名らしいです。


ホラー苦手な方、ゴメンナサイ


なんか最近どっかで聞いたフレーズだな~と思ったら、現在執筆中の同人誌のマンハッタンカフェ編で好配合馬として掲載した母名でしたよ。
指名してあげようかな(笑)


さて、スプリングSの予想です。


◎リアルスティール
◯ダノンプラチナ
▲ブラックバゴ
△ベルーフ
△キタサンブラック
△ミュゼスルタン

ほぼ人気順ですね(^_^;)



◎リアルスティール

ディープ×ストームキャット配合。
ただしストームキャットがメインではなく、キングマンボのパワフルな走法をベースに、ストームキャット風味のしなやかさを足したようなタイプで、弾むような瞬発力が素晴らしいです。
内回りにも対応出来るでしょうし、加速力も問題ありません。
ここは器の違いで決めてくれるでしょう。


◯ダノンプラチナ

能力の高さはもちろん認めますが、外回り向きの柔らかさで走るタイプなので、コース適性はそこまで高くないように感じます。
しかしパワーについてもそれなりには備わっているので、無難に外を回す競馬をすれば格好は付けるはずです。
個人的にはアメリカ的なワンペース型なんじゃないか疑惑を抱いているので、今回はそこをチェックしたいなと思ってます。


▲ブラックバゴ

母がプリンスリーギフトのクロスを持ち、そして自身はヘイローのクロス。
この柔らかさはバゴにとっては重要なことで、配合的には結構好きなタイプです。
内回り向きのパワー+機動力に秀でた馬なので中山はピッタリ。


△ベルーフ

ハービンジャー×ノーザンテーストにより、レディアンジェラ的パワーを武器に走る馬で、中山を得意とするタイプ。
ただハービンジャー産駒は距離が長い方が良さそうな感じがするので、千八の今回はブラックバゴの方を高く評価しました。


△キタサンブラック

母父がサクラバクシンオーですが、ノーザンテーストを刺激するような配合ではないため、サクラユタカオー的な柔らかさを受け継いだ中距離型に出たようです。
同時にリファールのクロスによりフワッとした持続的走法なので、内回り千八は少し忙しいのはないかと思って△評価で。


△ミュゼスルタン

ナスキロをちょい増幅、ノーザンダンサーをちょい増幅、テューダーミンストレル≒アバーナントをちょい増幅、トムフールもクロスして、サンデーも加えました、というアパパネタイプの万能馬。
骨折明けですが、配合的には悪くないので△をつけました。


スポンサーサイト

Comment