笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

ステイゴールド×ミスタープロスペクターのネガティブニックスについて

先日、ホラー映画(OVなのかな)の『クネクネ』ってやつを観たんですけど、コレがま~凄い作品でしたね。
全く怖くない、全く面白くない、全然意味がわからない。
ラストも予想の遥か斜め上をいくオチで、しかもオチてすらいないので、観ていてポカーン・・・( ゚д゚) ってなりました。


さて今回はステゴ×ミスプロによる、クネクネ効果について書くとします。
本当はキャットコインの考察記事を書いていたのですが、ステゴ×ミスプロの部分がかなり長くなってしまったので、独立したエントリーでアップすることにしました。


ステイゴールドはミスタープロスペクターとの相性が非常に悪いです。

ステイゴールド産駒はこれまで3~12歳の10世代がデビューし、その内「母方にミスタープロスペクターを抱えるステイゴールド産駒」は現在242頭います。
しかしこれだけのサンプルがいながら、POG期間の重賞勝ちは今年クイーンCをキャットコインが勝つまではゼロでした。
POG期間後の重賞馬もアルコセニョーラしかいません。
その他の活躍馬を見ても、目立っているのはチューリップ賞2着のウインプリメーラくらいで、これはかなり悲惨な状態と言ってもいいでしょう。

・POG期間の成績データ

頭数 芝勝ち上がり 芝連対率 芝1走当賞金 期間内重賞馬率
ステイゴールド全体 787 157 19.9% 14.4% 131万円 12 1.5%
ミスプロ持ち 242 39 16.1% 12.8% 79万円 1 0.4%



ステイゴールドの父サンデーサイレンスは、強力な切れを伝える種牡馬でした。
これはヘイローの母コスマーの「ザテトラーク5×5・6」と、プロミスドランドの母マームーデスの「ザテトラーク4×4」が同調したことよる柔らさが大きな一端を担っています。

一方ステイゴールドの母ゴールデンサッシュも、全体的には欧血中心で構成されているものの、2代母父のプリンスリーギフトが「ザテトラーク4×5」のため、こちらも柔らかい資質をしっかりと兼ね備えています。

そんなサンデー(コスマー+マームーデス)とゴールデンサッシュ(プリンスリーギフト)が出会うことで誕生したステイゴールドは、両親のザテトラーク体質をしっかりと受け継ぎました。
この資質は種牡馬ステイゴールドの特徴でもあります。

サンデーとプリンスリーギフトのザテトラーク資質については、望田師匠の記事も参考になります。
http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/a9075ff6a63445ee867b9814ea625dba


しかしこの柔らさは、伝わり方によってはむしろ“ひ弱さ”にも繋がってしまう可能性があるのです。
だからステゴ産駒は、ザテトラークの柔らさが“ひ弱”に出ないように、ノーザンテーストの頑丈さを増幅した馬が成功しています。

そんな成功の大前提に対して、その真逆を行くのがミスタープロスペクターのスピードなんですよ。
ミスプロは軽いスピードに秀でたタイプですが、これは母のゴールドディガーが「ザテトラーク5×6」だから。

そもそも「軽い血」ってことすらステゴの求めている資質とは違うんですからねえ。
その上ザテトラークをより強調させちゃうなんて、そんなの相性が悪いに決まってますよね。

サンデー×ミスプロのザテトラーク資質については、望田師匠の記事をどうぞ。
http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/9c95fff07245833009e1b04d0e0158f9


そんなわけで、ステイゴールド×ミスタープロスペクターは超絶ネガティブニックスなのだと考えています。
昨年の同人誌「配合パズルでアタリはわかる2014」の48ページ「ステイゴールドの特徴を知ろう」では、このザテトラーク的な柔らさをテキトーに省略して書いちゃったので(^_^;)、ここで補足出来て良かったです(笑)

さて、キャットコインの考察を書かなきゃ_〆(・ω・` )


スポンサーサイト


2015/04/08 | 15:05
ステイゴールドコメント:0トラックバック:0
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)

 
 

 
Copyright © やれなかった・やらなかった・どっちだろう All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?