笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

リアルスティール考察 ~美しすぎる血統馬~

母のラヴズオンリーミーは、ストームキャット×キングマンボ全妹という超良血構成。

そこにディープインパクトですから、ビックリするくらい何一つ血統表にキズがありません。
流行りの言い方をすれば「美しすぎる血統馬」なのです(逆に安っぽくなりますかね、笑)


さて、ディープインパクト×ストームキャットという構成は、「アルザオ≒ストームキャット」による柔らかさが強く出やすいです。

そのぶん、キズナ、アユサン、ヒラボクディープ、エイシンヒカリなど、多くの活躍馬は“ウォーレリック”やその全妹“スピードボート”を合わせることでパワーを補強しています。
ストームキャットの血統内でも比較的パワー資質に優れた“クリムゾンセイント”に対してウォーレリックを合わせることで、「マタハリ≒エイトサーティ≒ウォーレリック」のニアリークロスを作って頑丈さを引き出しているのです。


しかしリアルスティールはというと、クリムゾンセイントを増幅するウォーレリック的な血を一切持っていません。
こういう言い方をすると語弊があるかもしれませんが、ストームキャットを絡めた配合としては不完全な馬なんです。

でもその代わり、“フォルリ”のフェアトライアル的パワーを補給することによって、ピリッと引き締めたことが功を奏しています。

ディープインパクトは母系のフェアトライアルを増幅することが配合の急所ですから、ディープの配合としての総合力で考えた場合は、ウォーレリックを絡めた配合よりも、むしろクオリティで勝っているとみることもできます。


キズナやアユサンは、どちらかと言えばストームキャット資質が強く出ていたため、ダービーや桜花賞など直線の長いコースで豪快に切れるしなやかさを有していました。

一方その柔らかさが裏目に出てしまったのが、リアルスティールの全兄ラングレー。
ラングレーもストームキャット的に柔らかい馬でしたが、残念ながらキズナやアユサンのように上手くはいかず、柔らかさが強すぎちゃったようです(^_^;)
その結果、締りのないダラシなさが滲み出てしまい、POG期間は伸び悩んでいました。

そんな兄と比べて、リアルスティールの方はフォルリ的な資質がしっかりと伝わってくれたため、メリハリのあるスピードがしっかりと備わっています。
それどころか、この馬はむしろキングマンボ(の全妹)的なパワフルさがかなり強く出ているようにも見えるんですよね。

共同通信杯の直線で、溜めた脚を爆発させた時の瞬発力。
そしてスプリングSの急坂で強襲した力強さ。
凝縮された筋肉が弾けるように加速するあのスピードは、キズナやアユサンのそれとはちょっと違う、リアルスティール独自の特徴だと感じました。


だから個人的には、この馬は皐月賞に向いているタイプだと思っています。
だけど福永騎手はきっとダービーを意識した乗り方をするでしょうから、そこがどうなんだろうな~って(^_^;)

スポンサーサイト


2015/04/14 | 23:45
ぶった斬る2014コメント:2トラックバック:0
コメント
父と同じような乗り方が出来ていればこの前も勝てていたかなと思っているので、そこが不安な点ですね。皐月賞次第ではダービーも危ういなと。やっぱりディープの特性は理解されていないのかな、コーナーでの加速力が大事なんだが。このままではワールドエース2号だな。
2015-04-15 水  07:07:57 |  URL | とる #- [編集]
せっかくディープがフェアトライアル的なのに勿体ないですよね。
福永騎手って直線に入るまで仕掛けていかずに、無策でコーナーを回ってくる印象があるので怖いです(^_^;)
2015-04-16 木  13:59:14 |  URL | くりがしら #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)

 
 

 
Copyright © やれなかった・やらなかった・どっちだろう All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?