やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

キングカメハメハ配合パズル編 ~フォルリ+テューダーミンストレル+サンデーサイレンス~

5月3日発売の血統同人誌『配合パズルでアタリはわかる 2015』の宣伝がてら、同人誌のキングカメハメハ編に書いた考察文の一部をブログで公開させていただきます(ブログ用に文体は修正しています)。

これを読んでキングカメハメハの配合に興味を持ってくださった方は、是非同人誌も読んでいただけると嬉しいです(*^_^*)
詳しくはコチラ→http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1354.html



キングカメハメハからPOG向きのスピードを引き出す方法の1つに、「“フォルリの直接クロス”と“テューダーミンストレルの直接クロス”を同時に成立させる」というパターンがあります。

フォルリ、テューダーミンストレルは瞬発的な機動力に優れたスピード血統で、キングカメハメハの配合でも重要なツボとなっている血脈です。
詳しくは→コチラコチラ

これをダブルで増幅させることで、強力なスピードを身につけようという作戦です。

ただしこのパターンというのはパワーを大きく増幅させる配合型なので、よくも悪くも“硬い”馬になってしまう恐れがあります。
それを緩和させるためにも、“サンデーサイレンス”をセットで持っている馬を選ぶといいでしょう。
詳しくは→http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1361.html


トゥザグローリー&トゥザワールド兄弟の他、福島2歳Sを勝ったエルカミーノレアルがこのパターンに該当しています。


また、テューダーミンストレルの直接クロスの代わりに、「テューダーミンストレル≒アバーナント」のニアリークロスを組み込むのもオススメ。
こちらからは重賞2勝のコディーノと、フェアリーS2着のマイネエポナが出ています。


同人誌の「配合パズル編」では、上記以外の成功パターンについても詳しく解説しています。
ドゥラメンテやレッツゴードンキに成功をもたらした“ツボ”とは一体何か、皆さまぜひご一読ください(*^_^*)


POGを血統でぶった斬る!!配合パズルでアタリはわかる 2015POGを血統でぶった斬る!!配合パズルでアタリはわかる 2015
(2015/05/03)
くりがしら

商品詳細を見る


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.