09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
 

NHKマイルC 全馬プチ考察(その1)

この前、dskさんのブログで「カフェララルーの2013」が取り上げられていました。
http://blog.livedoor.jp/gotoupog/archives/4869231.html

この馬は僕も同人誌「配合パズル2015」で好配合馬としてピックアップしているんですけど、池江厩舎所属ってのがまた良いんですよね。
というのも、池江厩舎は「ハイペリオンの強い凝縮を持つノーザンダンサー系」の種牡馬と相性が良いから。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1303.html

カフェララルーの母父ストラヴィンスキーの父はヌレイエフですから、おそらく池江厩舎の育成とマッチしている配合馬だと思います。
この兄弟はこれまで松山厩舎所属でしたが、「マンカフェ×配合」「厩舎×配合」の両方が噛み合った今年は、少なくとも三振では終わらないハズ。

僕は今期のPOGが三振ばかりだったことを猛省しました。
来期はPOGを始めた頃のスタンスに原点回帰し、「ヒットの延長がホームラン」で行こうと思っているので、こういう馬は是非覚えておきたい候補ですね。

dskさん、同人誌を猛プッシュしていただいて本当にありがとうございます!m(_ _)m
http://blog.livedoor.jp/gotoupog/archives/4869133.html



さて、NHKマイルカップの考察を頑張ります。
今回は1~6番の馬です。



1.アヴニールマルシェ

アルザオ≒ダンシングブレーヴのドロっとした斬れを、デピュティミニスター+ブレイヴェストローマンの無骨なパワーが支える構成。
そのためスピードの乗りがやや大味で、マリオカートのクッパみたいなタイプです。
共同通信杯はどちらかと言えばフォルリ的な一瞬の加速力が求められたレースだったので、アヴニールマルシェには少し厳しい展開でした(もう少し頑張って欲しかったというのが本音ですが)。
今回はスピード自慢の先行馬もいますし、マイルらしい厳しい流れになれば、持ち前の重厚さが活きるのではないかと思っています。


2.グランシルク

前走のニュージーランドトロフィーは、致命的な出遅れにも関わらず強烈な末脚で突っ込んできて2着。
この切れ味は祖母キューが抱える「ミッテラン≒ペロキサイドプリンセス」2×2の、ボルキロ的なスピードによるものと考えられます。
母父が重厚なダイナフォーマーなので、ステゴ+(キューの)ナスキロ構成にしては頑丈に出ていて、ひ弱さが弱点にならずに上手くカバー出来ています。
初めて血統表を見た時は、ロベルトの鈍重さとナスキロ資質は相反しないのかな~と疑っていましたが、イイ感じで融合しているようです(^o^)
ところでこの馬、血統的にはダービー路線でも十分イケる気がするんですけどマイラーなんですかね?


3.クールホタルビ

マツリダゴッホ×ミスプロ+シアトルスルー(ボルキロ)という組み合わせは、個人的に結構好きな配合構成です。
ノーザンテーストで締めているのも良いと思います。
ただマツリダゴッホとノーザンテーストの硬さを少し強めに感じるので、マイルよりは千四があってそうですし、いくらなんでも近走負けすぎてますよね…。


4.グァンチャーレ

ランニングヒロインが抱えるヘイロー≒レッドゴッド2×4を、ヘイロー4×4で継続したシンプルな配合馬。
そのためヘイロー的なフワッとした俊敏さがかなり強く出ているように感じます。
シンザン記念で好走したように、平坦のスピード勝負ではこの軽さがかなり有利になりますが、パワーの裏付けが少々足りない構成だけに東京コースではやや迫力不足かなと。


5.タガノアザガル

バゴにシアトルスルーを合わせて「ミスプロ≒ボールドネシアン」でスピード増幅を狙うパターンは、オウケンサクラやトロワボヌールと一緒です。
本馬の場合は母父アドマイヤベガ経由でトニービンを合わせているため、バゴ本来のフェアトライアル的な硬さが強めに出ています。
しぶとい持続力で頑張る配合ですから、東京マイルのスピード比べではどうなんだろうな~って思ったりはします。


6.レンイングランド

母父がサクラバクシンオーで自身はヴァイスリージェント≒ノーザンテーストですから、バクシンオー的なスプリンター適性がある程度出ているタイプなのかな。
ということで今回はパス。



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
好配合2歳馬一覧 ⇒ コチラ



スポンサーサイト

Comment

グランシルクでなんとか3歳GⅠに参戦できました!
血統的にも悪くない様で楽しみです!
ここで結果出してダービーに参戦何て事になれば最高です!
新しい配合本まだ読めてないので、今日の競馬場の行きかえりで読ませて頂きますね!

2015/05/09 | バリアシオン[URL] | Edit

>バリアシオンさん

ウインバリアシオンお疲れ様でした。
怪我を乗り越えてここまで良く頑張ってくれました。
グランシルクには是非バリロス症候群の穴埋めをしてもらいたいですね。
愛馬のG1挑戦楽しんでください!

2015/05/09 | くりがしら[URL] | Edit