コンテントヘッダー

ミッキークイーンと同配合の馬を選べばPOGはまず負けない

オークスを鋭い脚で制覇したミッキークイーンは、「ディープインパクト×フォルリ+テューダーミンストレル」というディープ産駒の成功パターンを持つ馬です。

フォルリとテューダーミンストレル、またその両者の組み合わせについては同人誌「配合パズルでアタリはわかる」シリーズで毎年考察している鉄板ネタですので、詳しいことは14年版のディープインパクト編や15年版の虎の巻編を是非ご一読ください。
POGを血統でぶった斬る!!配合パズルでアタリはわかる 2015
配合パズルでアタリはわかる 2014


ミッキークイーンの場合は、ヌレイエフ経由でフォルリを補給し、ブラッシンググルームを通じてテューダーミンストレルを取り入れています。

フォルリ持ちの中でもヌレイエフはハイペリオン4×4の底力に秀でた種牡馬であり、尚且つサドラーズウェルズのような重苦しさもないため、日本競馬にも適応しやすい重厚さを与えてくれる素晴らしい血脈です。

またブラッシンググルームはテューダーミンストレルのパワーだけではなく、同時にレッドゴッドによるスピードも強く受け継ぐ存在。
ディープインパクト(サンデー系種牡馬)とはヘイロー≒レッドゴッドのニアリークロスで軽さが更に引き立つため、パワー強化以外の面でもプラス効果が見込めます。

この2つの優れたA級血脈によってパワーを補強する方法は、「フォルリ+テューダーミンストレル」のパターンの最終進化形といっても過言ではありません。


母方にヌレイエフとブラッシンググルームを持つディープインパクト産駒はこれまで12頭がデビューし、10頭が勝ち上がっていて・・・

・ヴィルシーナ(ヴィクトリアマイル連覇)
・ミッキークイーン(オークス)
・フレールジャック(ラジオNIKKEI賞)&マーティンボロ(重賞2勝)
・ベストディール(京成杯)
・アンビシャス(プリンシパルS)
・アトム(デイリー杯2歳S2着)

このように長打力も半端じゃありませんΣ(゚Д゚)
6分の5で勝ち上がって、その内の70%がオープンクラスで好走するのですから。



となるとみなさんが一番気にするのは、今年デビューする2歳馬はどうなのか?ってとこですよね。

僕が調べたところ、今年は該当馬が6頭いました。

母オークヒルズ
母ゴールドレリック
母コマーサント(ベストディール全弟)
母シャイニングエナジー(アトム全弟)
母ハルーワスウィート(ヴィルシーナ全妹)
母ミュージカルウェイ(ミッキークイーン全妹)

これまでのサンプルの確率からいうと、6頭の内1頭は勝ち上がれないハズレということになりますね(^_^;)
凄いテキトーに判断しますけど、(ディープと超絶ネガティブニックスであるロベルトの直仔である)ブライアンズタイムを父に持つオークヒルズの子供が怪しいな…(笑)

コマーサント、シャイニングエナジー、ハルーワスウィート、ミュージカルウェイの4頭は活躍馬の弟・妹なので、配合面に関しては何ら不安はありません。
そして母ゴールドレリックも近親に活躍馬を多数抱える世界的な名牝系で、いかにも特大ホームランが出そうな感じがします。

来期はディープ固めの一歩先を行き、「ディープ×ヌレイエフ×ブラグル」固めでいきましょう!
間違いなく勝ち組になれますよ(^o^)



ちなみに僕は去年の時点で、この黄金配合に気づいてました。
だけど母父エルコンドルパサーは少し重たそう…と思ってアンビシャスを指名せず、池江厩舎の牝馬は活躍馬が少ないからなあ…とミッキークイーンを指名しなかったカスです(;´Д`)



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
好配合2歳馬一覧 ⇒ コチラ

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

ディープインパクト産駒

オークスの勝利で産駒のデビュー後はクラッシックを5年連続で勝った事になりますね。現在のPOGもディープ産駒を中心に選ぶ事が多くなったと思います。オルフェの産駒がディープ産駒相手にどれ位走るかは今から楽しみですね^ ^

ロベルト持ちのディープでサトノラーゼンを指名したのは誇れるんじゃないでしょうか(私も指名しました(^^)/)
ダービーは厳しいかもしれませんが応援したいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>TKさん

安定感もバツグンなうえ毎年必ずG1馬を出すんですから、ディープに逆らう理由がないですよね。
オルフェーヴルがどんなタイプの子を出すのか、ディープに対抗出来るのか、とりあえずドリームジャーニーの2歳馬の雰囲気を見ながら楽しみに待ちたいと思います(^o^)

>ウンポコロコさん

他の構成要素が好きだったので誘惑に負けて指名してしまいましたが、こういうパターンは得てして後悔することが多くなりがちですよね(^O^;)
でもサトノラーゼンはそうならずに頑張ってくれたのでホント奇跡だと思ってます(笑)
競馬センスがウリですので、ダービーでも見せ場くらいは作ってもらいたいですね~。

>非公開コメントさん

たしかに配合自体はキンカメと合いそうなので嫌いではないですよ。
チーフズクラウンは「ノーザンダンサー+セクレタリアト」ですから、ラストタイクーン増幅理論にバッチリ当てはまっていますしね。
活躍したとしても驚きはしません。

ただ母父のシンダーや母母父のダルシャーンって、柔らかい反面どちらかと言えばキレがなく、ナスキロタイプの中でも鈍足寄りに出やすいため、好配合馬ピックアップで取り上げるほどの自信はありませんでした。
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
最新記事
カテゴリ
最新コメント
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
リンク