09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
 

脳内POGカップ2015-2016 指名馬紹介(2,タイムレスメロディ) 

脳内POG BLOGさんが主催されている「脳内POGカップ2015-2016」。
そこで指名した15頭の指名理由を書いていきたいと思います。

指名馬15頭は→コチラ

僕はお世辞にもPOGが上手とはいえません(^_^;)
なので来年の順位も当然大事なのですが、それよりも何よりも、指名理由を読んだ読者に「これは確かに走りそうだな…(゚A゚;)ゴクリ」と思わせるような、説得力のある指名を心がけました(笑)



2,タイムレスメロディ
父:ディープインパクト
母:アコースティクス
http://db.netkeiba.com/horse/2013105756/


ダービー馬ロジユニヴァースの半妹です。

同人誌「POGを血統でぶった斬る!!配合パズルでアタリはわかる 2015」の虎の巻でも書きましたが、母方に“ヌレイエフ”“テューダーミンストレル”を併せ持つディープ産駒は多くのアタリを輩出する黄金配合の1つです。


・ディープインパクト×ヌレイエフ+テューダーミンストレルのPOGデータ(芝成績)

POG期間の芝成績 頭数 芝勝ち上がり 芝連対率 芝1走当賞金
ディープインパクト全体 648 295 45.5% 30.8% 332万円
ヌレイエフ+テューダーミンストレル 33 23 69.7% 55.3% 792万円


活躍馬が多すぎるため該当馬の詳細は割愛しますが(同人誌を読んでください)、昨期も阪神JFをショウナンアデラが、オークスをミッキークイーンが制し、このパターンの長打力をまざまざと見せ付けました。


この配合はヨーロッパのパワーをベースにした補強パターンなので、ちょっぴり重厚すぎるところもあって、実はどちらかと言えば“牡馬向き”の配合構成です。
だからこれを“牝馬向き”にカスタマイズするには、別の部分で軽さを補給する必要があります。

そこで大いに役立つのが“ミスタープロスペクター”のスピード。

アメリカ血統の代表格であり、生粋の速力に優れたミスプロを加えて重苦しさを取り払うことで、牝馬の配合にも適した構成にシフトさせることが可能なのです。


・母方に「ヌレイエフ+テューダーミンストレル+ミスプロ」を併せ持つ、ディープ牝馬のPOGデータ(芝成績)

POG期間の芝成績 頭数 芝勝ち上がり 芝連対率 芝1走当賞金
ディープ牝馬全体 311 114 36.7% 25.4% 277万円
ミスプロ+ヌレイエフ+テューダー牝馬 10 9 90.0% 58.8% 1056万円


該当馬10頭中、9頭が勝ちあがり。
ミッキークイーン(オークス)、ショウナンアデラ(阪神JF)、ヴィルシーナ(桜花賞とオークスで2着)、デニムアンドルビー(フローラS)、テンダリーヴォイス(アネモネS)が出ています。
まあちょっと自分の(データ的に)都合の良いように配合を絞り込んだ感があったりもしますけどね(^_^;)
でも配合構成は間違いなく理に適っていますから信じて損はないと思ってます。


この必勝パターンに該当する2歳牝馬は、本馬タイムレスメロディ以外にも6頭います(母カウアイレーン、母ゴールドレリック、母ハルーワスウィート、母ビジュアルショック、母ミュージカルウェイ、母リップスポイズン)。
これらを全部無節操に指名するってのもちょっとカッコ悪いので、単純な考えですがノーザンファーム生産で栗東所属予定のタイムレスメロディとヴィブロス(母ハルーワスウィート)の二択に絞り、現在の馬体重が大きいタイムレスメロディ(現在450キロ超え)を選びました。

ちなみにこういうチョイスでいつも間違った方を引くのが僕の特技です(笑)


以前は馬体の小ささが心配されていたようですが、ここにきて充実してきているのも良いですね。
デビュー予定の秋に大きな期待を持ちつつ、のんびり待っていようと思います。



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
好配合2歳馬一覧 ⇒ コチラ


スポンサーサイト

Comment