ブログランキング
 
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
 
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
 
くりがしら
 
今年の指名馬
 
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.アドマイヤキング
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.ネプチュナイト
 6.コンキスタドール
 7.ヒシコスマー
 8.
 9.
10.

 

2015年06月22日(月)
アストラエンブレムとその母ブラックエンブレムを考える

 
ブラックエンブレムという馬は、「アワエンブレム≒ヘクタープロテクター」2×2という強烈なニアリークロスを持っています。
http://pednet.k-ba.com/cgi-bin/ped/match.pl?fdata=36840&mdata=962

こういう極端なクロスというのは、繁殖牝馬になっても高い影響力を保ちます。
ブラックエンブレムに秋華賞を勝たせる程の大技ですから、母になってから送り出したテスタメント(現3勝)、ブライトエンブレム(札幌2歳S勝ち)の2頭が、どちらも優秀な成績を収めているのも納得です。

そんなわけで今週デビューするアストラエンブレムも楽しみですよね(^o^)
配合的にはどうなのかを詳しく考えてみましょう。


ブラックエンブレムが持つアワエン≒ヘクターという仕掛けには、ダマスカスのクロスや、ナンバードアカウント=プレイメイトの全きょうだいクロスが内包されています。
だから結構ガッチリとしたパワー資質を伝えるんじゃないかと、以前は思ってたんですよね。
ですがどうやら僕の考えは間違いだったようで、ミスプロのクロスが強く出ていることで、柔らかさもしっかりと備わっているということがわかってきました。

これら全部をひっくるめてアワエン≒ヘクターの資質として考えると、切れ味とか俊敏さとかそういうタイプではなく、「柔らかいけどパワーで走る」ような感じですかね。
個人的には緩慢なスピード、惰性的な持続力という印象で、イメージとしてはシアトルスルーに近いと思ってます。


長男のテスタメントはディープインパクトが父でした。

ディープインパクトは柔軟性を強力に伝えるタイプなので、母方からは逆にそれを引き締めるような硬さが欲しいところです。
なのでダラシなさを伝えがちなシアトルスルーとの相性はあまり良くありません。
となればアワエン≒ヘクターの緩さは大きくはプラスにならないでしょう。
POG期間に1勝で終わってしまったのには、このへんのフィット感に問題があったのかもしれません。


次男のブライトエンブレムは札幌2歳Sを勝ったように、POGでもビシッと好成績を残しています。

父のネオユニヴァースはフェアトライアル的なパワースピードを強く伝えるタイプです。
ヴィクトワールピサやアンライバルドを出したように、内回り向きの機動力、俊敏さにおいてはサンデー系の中でもズバ抜けて優れています。
この硬さによって、アワエン≒ヘクターをピリッと引き締めたことが好結果に結びついたのでしょう。
それでもブライトエンブレムはスタートもっさりで、後方から捲る競馬が多かったように、まだ母方のダルさが取りきれていませんでしたが(^_^;)


さて、今年のアストラエンブレムは父がダイワメジャーに変わりました。
ダイワメジャーはノーザンテーストの頑丈さを色濃く伝える種牡馬なので、アワエン≒ヘクターを抑えこむ役目としては適任ではないかと思っています。

例えばシアトルスルー持ちのシンボリクリスエスは、ノーザンテーストを持つ繁殖牝馬との間にアルフレード、アリゼオ、ユールシンギング、ショウナンラグーン、ミトラという5頭の重賞馬を出しています。
同じくシアトルスルーを持つファルブラヴも、ノーザンテーストとの組み合わせでアイムユアーズとトランスワープを出しました。

シアトルスルーのような緩慢さ、ダラシなさを引き締めるのに、レディアンジェラ3×2のノーザンテーストはピッタリなのです。
配合の好みだけで言えば、ブライトエンブレムと同等かそれ以上の評価をあげたくなりますね。



ところで先週の調教の話なのですが、道中は内の馬を追走、外の馬には先行する3頭併せだったようです。
しかしレーシングビュアーの調教動画を見ると、(外の馬には先行していたはずが)なぜか直線では2頭を追走するカタチになっていたので不思議に思ってました。

どうやら報知ブログによると…

田辺騎手「まだ自分から行こうという感じがない。」
小島師「若干ちぐはぐなところがあった。」

とのことなので、やっぱりちょっとヘンな調教になっていたようですね。
ただ直線を向いてからは凄い豪快なフットワークで突き抜けていて、母方のアワエン≒ヘクターと父方のノーザンテーストが上手く融合しているように見えました。


兄の2頭は新馬戦を勝利を飾っていますから、アストラエンブレムもそれに続いていけるよう応援してますよ!
∩(*・∀・*)∩♪



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
好配合2歳馬一覧 ⇒ コチラ


スポンサーサイト
 
 
 

Comment


    
 

その流れで、アドマイヤデライトのくりがしらさんの血統考察を聞いてみたいです。

タイミング良くデビュー週も重なったのでf^_^;)

2015/06/24(Wed) | てっぺりん | URL | Edit
 

>てっぺりん

同じヴァンドノワールの子孫とはいえ、アワエン≒ヘクター2×2のブラックエンブレムと、5代アウトのアドバンスクラーレでは全くタイプが違いますからねえ。
アドマイヤムーン×サクラバクシンオーはハクサンムーンと同じ構成ですけど、正直あんまりピンときてないです(^_^;)

2015/06/24(Wed) | くりがしら | URL | Edit
 

>くりがしらさん
僕の拙い考えで恐縮ですが、アドマイヤムーン×ヴァンドノワールの配合で考えたら柔らかしなやか過ぎな気がしまして、サクラバクシンオーって言う太くて短い丈夫な串を真ん中に刺せばふわふわしないかなーって思ってます笑

アストラに便乗して申し訳ありませんm(__)m

2015/06/24(Wed) | てっぺりん | URL | Edit
 

>てっぺりんさん

以前、栗山師匠とお会いした時にお話されていたのですが、サクラバクシンオーは柔らかいとおっしゃっていました。
その考えには僕も同意です。

バクシンオーのノーザンテースト資質を強化したりなどの工夫をすれば別ですが、バクシンオーそのものはサクラユタカオー譲り、プリンスリーギフト譲りの柔軟体質が特徴な感じがするんですよね。

伝わり方次第では、かえってグニャッとする可能性もあるかな~とは思ったりします(^_^;)

2015/06/24(Wed) | くりがしら | URL | Edit
 

>くりがしらさん

いや〜勉強になります。
なるほどです。
ありがとうございます^ ^
阪神1800で卸す理由がつまりはそういう事なのかと思えますね。

ラトロワンヌ頼りになりましたが、うまいこといってほしいです笑

2015/06/25(Thu) | てっぺりん | URL | Edit
 

>てっぺりんさん

サクラバクシンオーが硬いか柔らかいかはともかく、速さはちゃんと伝えてくれますから、いずれは快速スピード馬に成長してくれるでしょう(^o^)

2015/06/25(Thu) | くりがしら | URL | Edit