笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

エスティタートを考える

エスティタートの調教が評判になってるので、配合構成についても研究してみようと思います。


本馬の母スキッフルは、中京記念2勝のフラガラッハをはじめ、4勝馬イリュミナンスや2勝馬フェルメッツァなどを送り出す優秀なお母さんです。
ただこれまでの産駒は晩成寄りの傾向が見られていて、POG向きかどうかはちょっとアヤシイ感じもするんですよね。

血統的に考えると、産駒が晩成になるのにはスキッフルを構成する「トニービン×ヌレイエフ」を要因とする、2つの理由があると思っています。


スキッフルの父トニービンは、ハイペリオン5×3・5の持続力に秀でた種牡馬です。
しかしその一方でナスルーラ=リヴァズ5・5×4の柔らかさも併せ持っているため、若駒のうちは体質的に緩く、完成が遅れる産駒を多く出すタイプでもあります。

しかもスキッフルの場合は、母父ヌレイエフもハイペリオン4×4の持続力とナスルーラの柔らかさを持つ種牡馬なのです。
ヌレイエフ(のハイペリオン+ナスルーラ)がトニービンの資質に呼応して特徴を強調することで、トニービンの悪い面(≒緩さ)まで目立ってしまいます。

これが1つめのマイナス要素です。


もう1つの理由は、トニービン×ヌレイエフの主構成であるハイペリオン資質が、「成長力」を武器にする血脈だということ。

上で書いたように、トニービンの遅咲き傾向はナスルーラの柔らかにも原因がありますが、そもそもハイペリオン5×3・5の凝縮体である以上、2歳戦からバリバリ戦うよりは、古馬になって完成していくタイプに出る方が自然なことなんですよね。

それはハイペリオン4×4のヌレイエフも同じことです。


この2点の要因があって、スキッフル産駒は晩成に出やすいのではないかと思います。

ではドリームジャーニーとの組み合わせで誕生したエスティタートはどういうタイプになるのでしょうか。


ドリームジャーニーはノーザンテースト4×3の強力なクロスが特徴です。
これが強靭なパワーとして伝わることで、宝塚記念や有馬記念などの内回りコースで強さを発揮しました。

この硬さがあれば、スキッフルの(POG的には)不安となる「緩さ」をガチっと抑え込むことは可能でしょう。


しかしですね、ノーザンテーストの硬さってハイペリオン4×3(正確にはレディアンジェラ3×2)によるものじゃないですか。
そのノーザンテーストをクロスしてるドリームジャーニーは、要するにハイペリオンがかなり色濃いタイプの競走馬だったわけで、現役時代も古馬になってからもう一皮向けて強くなった印象があります。

そのため、スキッフルのもう1つの不安要素である「ハイペリオンの成長力」による遅咲き傾向については全く改善されてないというか、むしろ余計ハイペリオン色で塗り重ねていますので、こっちはちょっとヤバイ感じがしないこともないです(^_^;)



個人的な考えですが、ドリームジャーニーという種牡馬は硬さをほぐすことで良い産駒が出そうだなという印象があって、そういう意味ではトニービンとの組み合わせは合うと思うんですよ。

だからエスティタートの配合も好きで注目しています……が!身内POGでヒデちゃんに指名されているので、ハイペリオンの化身と言われるような遅咲きになってくれた方が、僕にとっては好都合です(笑)



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
好配合2歳馬一覧 ⇒ コチラ


スポンサーサイト


2015/07/03 | 15:36
ぶった斬る2015コメント:2トラックバック:0
コメント
エレクトロアートとヌレイエフって、ノーザンダンサー×Lt. Stevens=Thong×ハイペリオンでニアリーといっていいんですかね、と見立ててみてもどう抗ってもハイペリオン
なんのデータもないんですけど、ハイペリオンってそうストライド伸びないので骨格自体でストライドとれないといけないイメージがあるんです。そこにあとから筋肉がついてきて成長となる、というか。今の馬体重すらしらない素人ですけどドリジャで小さく出ると怖いなと思って僕もPOGでは切りましたんで一蓮托生です。 
俺柔らかくてしなやかだぜ、とドリジャオルフェみたいに言われちゃったそれまでなんですがw
2015-07-04 土  01:24:22 |  URL |  #- [編集]
エレクトロアートとヌレイエフはニアリーだと思っていて、個人的にはかなり注目している仕掛けです。
ステゴ×マック配合の恩恵があったにせよ、ドリームジャーニー、オルフェーヴルなど高い質の産駒を出し続けたオリエンタルアートの資質を刺激するものだけに、凄い可能性を秘めていても不思議じゃないですよね。

ただ基本的にノーザンテースト色が強く出たサンデー系種牡馬(ダイワメジャー、デュランダル、オレハマッテルゼなど)って、柔らかくほぐすことでみんな成功してるので、ドリームジャーニーもあまりハイペリオンを強調しすぎるのもどうなのかな~とは思ってます。

なので現時点でエレクトロアート≒ヌレイエフが効果的に働くのかどうかを判断出来ないので、今回は触れずにおきました(^_^;)

2015-07-04 土  06:57:43 |  URL | くりがしら #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)

 
 

 
Copyright © やれなかった・やらなかった・どっちだろう All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?