≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

今週ずっと悩んでいた「ヴァンキッシュランの取捨選択」についてですが、心を鬼にして指名しないことを決断しました。

詳しい考察については以下を見ていただきたいのですが、やっぱりどうしても調教動画の印象がシックリ来なかったんですよね…。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1421.html


映像を見て感じたのは、「モッサリしてるな~」ってことと、「思ったより柔らかみがないな~」ってこと。

前者については母父がガリレオなので、ある程度は覚悟出来ていたのですけども。
後者は僕の予想だと、もっとリファールのクロスやアルザオ≒ラストタイクーンによる、いい意味でのフワッとした“遊び”が出ているだろうと思っていたのですが、どうもそんな感じには見えない…。
それが上手く伝わってないのであれば、単なる鈍重馬になってしまう危険もあるわけで、ここは思い切って指名をやめようかなと。

ただ僕は馬体がサッパリですし(毛色の違いしかわからないレベル)、ちょっと前までは馬の走りもみんな同じだと思ってたくらいのド素人ですからね。
上記の発言は全く信用できませんし、自分でも全く信用してませんよ(笑)
調教動画を見てなければ多分指名していたと思うので、動画を見て情報を取り入れようという自分なりの試みが吉と出るか凶と出るか、どちらに転んでも今回の選択は良い勉強になりそうです。



さて、中京2歳Sの予想を頑張ります!╭( ・ㅂ・)و ̑̑


◎クリノシャンボール
◯シュウジ
▲マシェリガール
△コウエイテンマ
△ウインクルサルーテ


この時期の2歳戦は未知な部分が多すぎます。
馬券ヘタな僕が当てられるワケがないんですよ(笑)

では個別の考察をしていきましょう。



◎クリノシャンボール

母のゲッコウは、ミスタープロスペクター、ノーザンダンサー、ネヴァーベンド、グロースターク、ブサンダ≒ミスターブッシャー≒サーチングなど、父と母の構成要素を密にクロスする相似配合馬です。
その存在感は中々のもので、クリノシャンボールは父ネオユニヴァースよりも、母方の資質を強く受け継いでいるように感じます。
ミスプロの柔らかさにヌレイエフ+ディキシーランドバンドのハイペリオン的持続力を加えたような感じで、どちらかと言えばドロッとしたスピードで走るタイプなので中京の馬場は合いそう。
自身の配合的にはネオユニヴァース+フォルリ+ミスプロという構成で、一応ネオユニヴァースの成功型にも当てはまっています。


◯シュウジ

兄のツルマルレオンはハーツクライ産駒にしては珍しくスプリンターとして活躍した馬で、それはつまり母方の影響力がかなり強いのではないかと思います。
母のカストリアはキングマンボとロベルトのよるアメリカン・パワーを強力に伝えるタイプ。
そこにスプリンターとして活躍したキンシャサノキセキですから、やはり本馬の長所も兄と同様に短距離向きのスピードでしょう。
ヒズマジェスティ=グロースターク4×6の底力と、リファール4×5の持続力を併せ持つなど、スピードを支えるサポートもバッチリで、配合のクオリティは高いと思います。
完成度とスピードは出走馬の中でも一番なので、一昨年までの施行距離(1400m)なら文句なしで本命だったんですけどね。
マイル戦となると多少は付け入る隙がありそうだなということで、ちょっとひねくれて◯評価にとどめてみました。


▲マシェリガール

父のトーセンファントムはトニービンの柔らかさを受けて、ネオユニヴァース産駒には珍しく東京でも斬れるタイプの競走馬でした。
しかし本馬の場合は、母父がブライアンズタイムであること、ホワイトマズル経由でペティンゴを合わせてトニービン内の前向きなスピード面を刺激したこと、ヘイローのクロスで俊敏さを補っていることなどの効果が重なり、重厚な機動力型に出ているように感じます。
中京競馬場との相性は良いと思いますが、個人的な配合の好みではクリノシャンボールやシュウジの方が上ですし、繊細な牝馬だけに長距離の輸送が不安なので評価は▲まで。


△コウエイテンマ

エーピーインディとミルジョージ(のミルリーフ)による、ドロッとした「ナスルーラ×プリンスキロ」的柔らかさが特徴でしょうかね。
初戦のメンバーレベルがあまり高くはないようなので△までにしておきましたが、切れ味よりも持続的なスピードタイプっぽいので中京マイルは合ってそうです。


△ウインクルサルーテ

母父にサンデーサイレンスを据え、自身はシャリーフダンサー≒ダンシングブレーヴ4×3でまとめた配合。
これがもし牡馬だったら非力さが足枷になったかもしれませんが、牝馬としては教科書的な好配合だと思います。
なので当初は高めに評価しようかな~と思っていたのですが、去年のハービンジャー産駒は初戦で良いレースをしておいて次走でコケるのが定番でしたからねえ(^_^;)
馬体重が小さいのもあまり良いことではないと思うので低めの評価にしました。




POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
好配合2歳馬一覧 ⇒ コチラ



スポンサーサイト


この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.