≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

昨日の中京2歳Sの結果は、1着(◯)シュウジ、2着(…)マテラアリオン、3着(△)ウインクルサルーテ。

いや~、この時期の2歳戦はわかりませんね~(^_^;)

全くの無印だったマテラアリオンが2着にきちゃってる上、僕の本命クリノシャンボールは直線でデムーロ騎手が一切追うことなく8着。
プチ予想の新シリーズ初戦ですでにバシルーラが炸裂しました(笑)


身内POGではゲバルトさんがシュウジとシルバーステートを指名していて、今日は最高の気分だったろうなあ。
それに比べて僕の指名馬はスタート直後に競走中止、一時は死亡説のデマまで出ていて(ハ行で良かった・・)もう最悪の一日でしたよ。

この流れを函館2歳Sまで引きずらないように頑張らないと(´・ω・`)



さてこのレース、直近10年の1~3着馬を調べてみると、サンデーサイレンス系の産駒がほとんど馬券に絡んでいないことがわかります。

10年間で36頭のサンデーサイレンス系産駒が出走。
3着以内に来たのは、09年・1着ステラリード、同09年・3着ソムニア、13年・3着トーセンシルエット、この3頭だけ。

しかも09年は函館競馬場がスタンド改築工事のため、札幌競馬場で代替開催でしたから、実は函館競馬場で馬券に絡んだのはたった一頭ということになります。


そのわりには今回はディープ産駒が人気を集めているようですねえ。
能力は高そうですし、配合も嫌いじゃないので迷うところです。

ただこれまでの傾向を考を重視して、今回は思い切ってサンデーサイレンス系を全部切っちゃいましたよ!!( ゚∀゚ )


◎ ラッキーボックス
○ レディトリス
▲ オデュッセウス
△ アルマククナ
△ ドナルチア
△ コスモフレンチ



・・・といいつつ、サンデー系のラッキーボックスが本命です(笑)

いや~サンデーの孫世代なら切りますけど、この馬はサンデーのひ孫ですからねえ。
サンデーの影響力も結構薄れているでしょ。
それにこの馬の父ディープスカイって、(資質的に)サンデー系の種牡馬じゃなくて、チーフズクラウン系の種牡馬だと思ってますから良いんです(笑)



◎ ラッキーボックス

ディープスカイの母アビは、シックスクラウンズ≒カーミライズ2×2という特徴的なクロスを持つお母さんです。
ディープスカイの代表産駒であるスピリッツミノルがアビ≒ストームザミントだったことを考えると、アビの資質は種牡馬ディープスカイのツボでもあるのでしょう。

その点ラッキーボックスはアビ≒ポリッシュプレセデント2×3ですから、ちゃんとディープスカイのツボを刺激した好配合と言えます。
ラッキーボックスの場合は、ダンジグのクロスによる前向きなスピードを持つ上、祖父アグネスタキオンも絡めたボールドルーラー(6・6・6×7)による俊敏さが強く出ている感じがするので、今回のような小回りコースで機動力を活かす競馬は向いてそうです。



◯ レディトリス

本馬の祖母グレートクリスティーヌは名スプリンター・ビリーヴの母として有名ですが、配合を見るとニアークティック、ネイティヴダンサー、ファイティングフォックス、オリンピア、ペティションなど、数多くのクロスを抱えていて、これ要するに「ダンジグ≒グレイトレディエム」1×1なんです(^_^;)

なるほど、どうりでビリーヴのような短距離のスペシャリストが出るわけだ~と納得してしまいますよね。
そんな快速お祖母ちゃんの孫なワケですから、やっぱりそれなりの評価をしてあげないといけません。



▲ オデュッセウス

母父はサンデー系の中でも特に母父として優秀なスペシャルウィークで、2代母父のマキャベリアン(のミスプロ+ヘイロー構成)もファルブラヴと合いそう。
フェアリーキング≒ヌレイエフのニアリークロスを持つあたりはアイムユアーズと一緒ですし、祖母は名牝ソニンク。
クオリティは相当高いです( ゚∀゚ )

なので個人的な好みで言ったら断然の◎候補なんですけども…、やはり引っかかるのが“牡馬”だという点。

ファルブラヴ産駒の牡馬ってこれまで157頭がデビューしてますけど(現2歳馬は除く)、POG期間に2勝を挙げた馬って、実はブレイクチャンスただ1頭だけなんですよ(しかもダートの500万下勝ち)。
これってどうなのよ(^_^;)



△ ドナルチア

マリブムーン≒ムタクディム1×2のクロスが強烈ですね~。
G1馬の母の高い能力をそのまま継続していると考えると、新馬戦でのスピードも納得ですし、まだまだ実力を隠していても不思議ではありません。

410kg程度の小柄な馬が連闘というのは決してラクではないはずなので、評価は△にしちゃいましたが、こういう良くも悪くも淡白なアメリカ血統馬を育てるのが矢作厩舎は上手ですから、中々面白い馬だな~と思います。



△ アルマククナ

母のトップキララはコスマー4×4とプリンスリーギフト5×4のクロスを持ち、ザテトラーク的な柔らかさをメインに伝えそうなお母さんですね。
そこにミスプロ系の軽いスピードを武器にするマイネルラヴをつけているので、アルマククナ全体としてはもう少し硬さがあっても良いのかな~とは思ったりもします。
ただ特にネガティブな要素もありませんし、好走する可能性も十分ありそうなので印はつけておきました。



△ コスモフレンチ

応援したい候補がいなくなってしまったので、一応抑えでこの馬を足すことに(^_^;)
フレンチデピュティ+ストームキャット+アジュディケーティングによる「ノーザンダンサー+ボールドルーラー+プリンスキロ+米パワー」の前向きなスピードがメインになっていそうなので、配合自体は悪くないです。



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
好配合2歳馬一覧 ⇒ コチラ



スポンサーサイト


この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.