笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

札幌2歳S プチ予想

今のところ、中京2歳S→函館2歳S→新潟2歳Sと全部外してるので、今週の札幌2歳Sこそは何とか当てたいところ╭( ・ㅂ・)و ̑̑
しかし正直なところ、ピンと来る馬が全然いなかったです。


◎ アドマイヤエイカン
◯ プロフェット
▲ ペイシャフェリシタ
△ ラヴアンドポップ
△ リアルキング



アラバスターが圧勝して「やっぱPOGはレーヴドスカーかよ…」ってなったら諦めます。
このアラバスターは身内POGではゲバルトさんが指名しているのですが、ゲバルトさんは同時に小倉2歳Sのシュウジも持っているんですよね。
すごいフィーバーを起こしそうでイヤだなあ・・・(´・ω・`)



◎ アドマイヤエイカン

ハーツクライに不足しているパワー面を母父のクロフネからガッツリと補っています。
この組み合わせで一番心配なのは、クロフネ的なモッサリ感が濃く出た場合。
パワー面のメリットよりも鈍重さのデメリットの方が強くなってしまうからです。
ただ新馬戦は思った以上にキビキビとしたスピードで走っていて、これなら問題なさそうだと思わせる雰囲気はありました。
おそらく祖母のラスティックベルのスピードがしっかりと根付いているのでしょう。

※追記
母父クロフネじゃないし…、フレンチデピュティだし。
どうりでキビキビしてるわけだ(笑)



◯ プロフェット

ハービンジャーとフェアリードールの組み合わせはスワーヴジョージと同じ構成で、配合的には見所タップリ。
ただしスワーヴジョージと違うのは、間にタニノギムレットを挟んでいるところで、これによってヒズマジェスティ=グロースタークやロベルトのクロスが成立しています。
マイナスの意味で重々しい資質が注ぎ足されてしまった印象は否めません。
ただ札幌ならパワー面が足かせになりづらい舞台ですから、今回は高めに評価しました。
魅力的な要素が多数含まれている馬なのは間違いありませんから。


▲ ペイシャフェリシタ

ハーツクライにしては機敏なパワーで走る馬で、おそらく母父ケープクロスの影響が強いのでしょう。
ハーツに似てたらこの時期には勝負になりませんから、母方に似たことはプラスとみています。
去年のオークス馬、ダービー馬と同じ、「ハーツ×ダンジグ×スペシャル(=サッチ)」の黄金パターン。


△ ラヴアンドポップ

もうこのへんからワリとテキトー(笑)
ヌレイエフのドロッとした感じが強そうなので、洋芝に向いてるんじゃないかなあ。


△ リアルキング

ラストタイクーン≒ストームキャットなので、もうちょっとしなやかな馬かな~と想像してたんですけど、思ったよりゴツさが強いタイプですね。
おそらくラストタイクーン≒シアトルダンサーの影響、特にセックスアピールを増幅したことによる米パワーが出ていのかもしれません。



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
好配合2歳馬一覧 ⇒ コチラ


スポンサーサイト


2015/09/05 | 00:24
予想コメント:2トラックバック:0
コメント


お見事です!!

2015-09-05 土  23:01:46 |  URL | カズヤ #- [編集]
2歳戦の予想初勝利がようやく出て安心しました(^o^)
2015-09-06 日  09:42:33 |  URL | くりがしら #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)

 
 

 
Copyright © やれなかった・やらなかった・どっちだろう All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?