やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

新潟2歳S プチ回顧

かなり遅れた回顧でスイマセン(^_^;)

今更ですが新潟二歳Sの結果は、1着(◎)ロードクエスト、2着(…)ウインファビラス、3着(…)マコトルーメン。


ロードクエスト以外の配合が全然ピンと来なかったので、1着が本命で当たったことは良かったんですけどね。
ピンと来てないぶん2~3着は全くの無印でして、馬券は大外れでした~(^_^;)


一応2着のウインファビラスは、同人誌「配合パズルでアタリはわかる 2014」のステイゴールド編で書いた、「ノーザンテーストのクロス+(ウォーアドミラル×ラトロワンヌ)」(59ページ)や、マルゼンスキー持ち(60ページ)に該当する成功パターン持ちの馬です。

なので2着は順当な結果とみることもできるのですが…。
コジーンやミスタープロスペクターを加え、更にはプリンスリーギフトのクロスで軽さを取り入れている馬だけに、平坦の新潟という点を考慮したとしても、やっぱり馬券候補に入れることは僕には無理かな~。


ロードクエストはスピードとパワーを兼備した良い馬ですね。
切れるディープ産駒が出てこなければ朝日杯も好勝負出来そうな感じがするのですが、次走はホープフルSが本命なのかな。

まだ「ボールドルーラー×プリンスキロ」的なダラしない緩さが残っているので、芯がしっかりしない2歳時だと中山では取りこぼす可能性もありそう。


シンボリクリスエスが現役の若駒だった頃ってこんなタイプだったんじゃないかな~と勝手に思ってて、ロードクエストの方がサンデー系だけにもう少し繊細さな軽さに寄ってるイメージ。
でも僕はボリクリが走っていた頃はちょうど競馬から離れてたので良くわかりません、完全な想像です(笑)



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
好配合2歳馬一覧 ⇒ コチラ



スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.