≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

このレースは特に予想はしてなくて、馬券も買わずにボケーッと見てました。


シュウジの母カストリアは、キングマンボ×シルバーホークという組み合わせ。
望田師匠ブログでおなじみ、ミスタープロスペクター+ヌレイエフ+ロベルトによる「ナシュア×ナンタラ」的パワーをガツンと伝えるお母さんです。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/000a01069f/

兄のツルマルレオンはハーツクライ産駒にしては珍しく、スプリント路線で活躍しました。
このことから、カストリアの存在感、子孫への影響力の高さが見て取れます。

そんな母にキンシャサノキセキですから、短距離で強い馬が出るのは自然の流れです。



シュウジが前走の中京2歳Sを勝った時に記事を書いたのですが、キンシャサノキセキはスワップス持ちの繁殖牝馬との相性が良いように感じます。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1424.html

この理屈が本当に正しいかはまだハッキリとはしませんが、もし正しいとすれば、デビュー前に調教バリバリ動いていたシュウジは、直前指名OKルールのPOGなら非常に狙いやすいアタリだったのかな。


まあでも、シュウジが中京2歳Sを勝ってなかったら、スワップスとの関係にも気付くことなくスルーしていたでしょうからね。
これは今後の狙いに活かすものなのだと割り切って、シュウジについては諦めます(血統を気にしなかったら普通に取れた馬かもしれませんけど、汗)。

ただし、僕の身内POGではゲバルトさんが指名してるので、指名出来なくても仕方がない…では済まない大ダメージを受けてますけどね(笑)



2着のサイモンゼーレについても考えてみました。

この馬って、母のポールポジションⅡが「スペシャル+ダンジグ」で構成されているんですよね。

http://db.netkeiba.com/horse/ped/000a0116c0/
(ポールポジションⅡの3代父ヌレイエフの母がスペシャル、母父デインヒルの父がダンジグです)

「スペシャル+ダンジグ」はピリッとしたパワーを与える仕掛けで、サンデー系の軽さを支える役割として効果的な組み合わせなのです。
詳しい理論は過去の記事を読んでください。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1382.html


んで、この仕掛けは上のリンク先の記事を読んでもらえるとわかるように、主にディープインパクト(ミッキーアイル、エバーブロッサム)や、ハーツクライ(ワンアンドオンリー、ヌーヴォレコルト)の母方で暗躍することが多いのですが・・・

実は5頭のサンプルの中からエイジアンウインズとストレイトガールを出す、「フジキセキ」との組み合わせも好相性なのではないか?と思うんですよね。

http://db.netkeiba.com/horse/ped/2004103179/
(サクラサクⅡの祖父がダンジグ、3代母がスペシャル)

http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009100301/
(ネヴァーピリオドの父タイキシャトルの2代母父がスペシャルの全弟サッチ、母父デインヒルの父がダンジグ)


フジキセキはすでに亡くなってしまっているので、この組み合わせのサンプル数が増えることはありません。
しかしフジキセキを父に持つキンシャサノキセキが、「スペシャル+ダンシグ」からサイモンゼーレを出したのは興味深いところではあります。

ひょっとしたら、フジキセキで活躍した理論が、キンシャサノキセキでも有効なのかもしれませんね。
ちなみにキンシャサの場合は、サンプルが3頭いて、サイモンゼーレとアスクジョーダンの2頭が勝ち上がっています。



最後に、すずらん賞についてもちょっとだけ。

勝ったオデュッセウスは、函館2歳Sで考察をしているので、この文章を転載しておきます。



母父はサンデー系の中でも特に母父として優秀なスペシャルウィークで、2代母父のマキャベリアン(のミスプロ+ヘイロー構成)もファルブラヴと合いそう。
フェアリーキング≒ヌレイエフのニアリークロスを持つあたりはアイムユアーズと一緒ですし、祖母は名牝ソニンク。
クオリティは相当高いです( ゚∀゚ )

なので個人的な好みで言ったら断然の◎候補なんですけども…、やはり引っかかるのが“牡馬”だという点。

ファルブラヴ産駒の牡馬ってこれまで157頭がデビューしてますけど(現2歳馬は除く)、POG期間に2勝を挙げた馬って、実はブレイクチャンスただ1頭だけなんですよ(しかもダートの500万下勝ち)。
これってどうなのよ(^_^;)





ということで、昨日のオデュッセウスの勝利は、ファルブラヴ牡馬初のPOG期間のオープン勝ちだったわけですね。

いつかはこういう“事故”は起こるでしょうし、オデュッセウスの配合自体はすごい好きなので、昨日の事故は許せる事故ではあります。

…がしかし!
僕の身内POGでは、オデュッセウスはおしづさんに指名されているんですよね。

こんな珍事が、よりによって身内POGで指名されている馬で起こらなくても良かったのに…( ˘・ω・˘ ).。oஇ



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
好配合2歳馬一覧 ⇒ コチラ



スポンサーサイト


この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.