笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

アフェクテューズを指名しました

先週、かなり否定的に考察したサトノダイヤモンドとロイカバードがどちらも強い競馬をしてワンツー。
一方、僕が配合を褒めて指名したケルベロスは全く見せ場なく6着。

低空飛行も限界に達し墜落する寸前までやってきました、くりがしらです。


いや~なんていうかね…。

毎年血統の同人誌を発売させてもらってて、しかも先月からはサラブレで原稿を書かせていただいている身ですから、あまり弱気なこと言っちゃいけないのはわかってるんですけども。
自分の選択がこうも裏目に出続けると、さすがに精神的にシンドイですね(^_^;)



さて、今回指名したのはアフェクテューズです!

この馬は同人誌『POGを血統でぶった斬る!!配合パズルでアタリはわかる 2015』の好配合馬ピックアップで紹介しています。

せっかくなので文章を掲載しておきますね。



母オールウェイズウィリング

全姉は阪神JF勝ちのショウナンアデラ。
2代母のオールウェイズロイヤルは仏G1馬で、兄アナバーもG1馬。
更にその母(本馬の3代母にあたる)バルボネラもG1馬という筋の通った一族です。

本馬の母オールウェイズウィリングは、ノーザンダンサー4×4、セクレタリアト≒サーゲイロード4・5×5、セクレタリアト≒ボールドラッド4×5、サーチング≒ベターセルフ6×6、フラワーボウル≒オリオール6×6、テューダーミンストレル6×7など、無数のクロスを持つ父母相似配合馬。
活力のある牝系の素質をしっかりと継続強化しているため、安定して高い資質を子孫に伝えることが出来るお母さんのようです。

母方に合計6本もの“ナスキロ”血脈を抱えるため、全体的に軽いスピードが勝っていて頑丈さが少し足りません。
どちらかと言えばしなやかさを活かせる牝馬の向きの配合だとも感じるため、姉ショウナンアデラよりは低めに評価していますが、母の配合がしっかりと決まっているため、本馬も確実に稼いでくれることでしょう。




え~この馬のお姉さんであるショウナンアデラですが、デビュー戦~からまつ賞くらいまでは「ゴーンウェストの淡泊さがな~」とか、「柔らかさがかなり強いからちょっとひ弱じゃないかな~」とか色々とイチャモンをつけていて、評価はそんなに高くはありませんでした。
でも結果はあっさりとGⅠ馬になってしまいましたとさ(;´Д`)


それを踏まえて考え直すと……

・祖母と曾祖母と叔父がGⅠ馬という超良血一族
・母オールウェイズウィリング自身が強いクロスを多重に抱えていて影響力も確か
・「ディープ×フォルリ+テューダーミンストレル」の成功パターンに該当している
・全姉ショウナンアデラが阪神JFを勝って結果を出した

ここまで揃ってるんだもん、逆らわずに応援するのが一番ですよ(笑)


ということでアフェクテューズは指名することにしました。

ただこういうのって、世の中では「後追い」っていうんですよね?
こういうブレたことばっかりしてるからPOGダメなんだろうなあ(^_^;)



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
好配合2歳馬一覧 ⇒ コチラ

2015年度クラブ募集馬の考察 ⇒ コチラ


スポンサーサイト


2015/11/14 | 15:43
ぶった斬る2015コメント:0トラックバック:0
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)

 
 

 
Copyright © やれなかった・やらなかった・どっちだろう All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?