笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

阪神JF 出走馬プチ考察1(アットザシーサイド)

さて、久しぶりに競馬記事の更新を頑張りますっ!


阪神JFプチ考察の1頭目はアットザシーサイド。


父がキングカメハメハ、母父がサンデー系のアグネスタキオンという構成。

スペシャル≒タックスペイヤーズフォリー5×3と、テューダーミンストレル7×7のクロスがあり、『配合パズル2015』のキングカメハメハ編的な見方をすれば、18ページの「フォルリのクロス+テューダーミンストレルのクロス+サンデーサイレンス」の成功パターンの亜流という感じでしょうか。
この仕掛けは機動力を主体とするパワースピードがメインになります。

加えてアットザシーサイドの場合は2代母父アリダーのガチッとしたパワーが強く出ているのかな。
走りとしては硬めなピッチ走法って感じですかね。


突進的な資質を秘めたタイプだけに、あまり短い距離のスピード勝負を覚えさせてしまうと、ひたすらがむしゃらに走る型が定着しちゃいそう……。
なので正直なところ、新馬戦~秋明菊賞と2戦連続で1400mを使って本番に向かうローテーションが良かったとは思いません。


ただしパワーはあるので坂のある阪神競馬場自体は合うはずです。
狙いはマイル戦の今回じゃなく、来年のフィリーズレビュー?



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
好配合2歳馬一覧 ⇒ コチラ

2015年度クラブ募集馬の考察 ⇒ コチラ


スポンサーサイト


2015/12/09 | 19:40
ぶった斬る2015コメント:0トラックバック:0
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)

 
 

 
Copyright © やれなかった・やらなかった・どっちだろう All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?