09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
 

阪神JF 出走馬プチ考察1(アットザシーサイド)

さて、久しぶりに競馬記事の更新を頑張りますっ!


阪神JFプチ考察の1頭目はアットザシーサイド。


父がキングカメハメハ、母父がサンデー系のアグネスタキオンという構成。

スペシャル≒タックスペイヤーズフォリー5×3と、テューダーミンストレル7×7のクロスがあり、『配合パズル2015』のキングカメハメハ編的な見方をすれば、18ページの「フォルリのクロス+テューダーミンストレルのクロス+サンデーサイレンス」の成功パターンの亜流という感じでしょうか。
この仕掛けは機動力を主体とするパワースピードがメインになります。

加えてアットザシーサイドの場合は2代母父アリダーのガチッとしたパワーが強く出ているのかな。
走りとしては硬めなピッチ走法って感じですかね。


突進的な資質を秘めたタイプだけに、あまり短い距離のスピード勝負を覚えさせてしまうと、ひたすらがむしゃらに走る型が定着しちゃいそう……。
なので正直なところ、新馬戦~秋明菊賞と2戦連続で1400mを使って本番に向かうローテーションが良かったとは思いません。


ただしパワーはあるので坂のある阪神競馬場自体は合うはずです。
狙いはマイル戦の今回じゃなく、来年のフィリーズレビュー?



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
好配合2歳馬一覧 ⇒ コチラ

2015年度クラブ募集馬の考察 ⇒ コチラ


スポンサーサイト

Comment