やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レッドクライム
 2.クライムメジャー
 3.ヴァナヘイム
 4.アドミラブル
 5.クリアザトラック
 6.メイズオブオナー
 7.ハナレイムーン
 8.ボムクレイジ
 9.グラニーズチップス
10.ロードアルバータ

<マイナーグループ>
 1.モンドキャンノ
 2.スピリットオブラヴ
 3.インヴィクタ
 4.ペルシアンナイト
 5.ラボーナ

<地獄グループ>
 1.ジューヌエコール
 2.ハッシュタグ
 3.サンライズノヴァ
 4.カウントオンイット
 5.ウノピアットブリオ

阪神JF 出走馬プチ考察6(クードラパン) 2015-12-10-Thu

阪神JFの出走馬考察6頭目はクードラパンです。


祖母のキューはミッテラン≒ペロキサイドプリンセス2×2というニアリークロスを持っていて、柔らかく俊敏なキレ味を伝える繁殖牝馬でした。
この資質はダイワメジャーにとっては大歓迎なので、ダイワメジャー×キューという構成は好きです。


ただクードラパンの場合は母父にダイナフォーマーを挟んでいるのがちょっと気になるんですよね(^_^;)

兄のグランシルクはニュージーランドトロフィーで2着になるなど、オープンクラスで頑張っています。
頑丈なパワーを欲するステイゴールド産駒で重賞級が出るということは、ルシルクという繁殖牝馬は本質的にパワー型なのでしょう。

クードラパンの父ダイワメジャーはステイゴールドとは逆で、柔らかくほぐした方が成功しやすい種牡馬。
ルシルクの資質ではダイワメジャーをほぐすというよりは、よりパワーを強めているような感じもします。
それってどうなんだろうと。


ルシルクに限った話ではありませんが、父ステイゴールドと父ダイワメジャーの両方で重賞級を出すには、よほどの繁殖能力がないと難しいことだと思うんですよね。
クードラパン自身もすでに2勝してますから、もう十分立派なんですけども。

いずれにせよ、前走のアスター賞で優勝したように、中山でパワーを活かした方が合ってるんじゃないかと予想してます。



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
好配合2歳馬一覧 ⇒ コチラ

2015年度クラブ募集馬の考察 ⇒ コチラ

スポンサーサイト

CATEGORY血統解説 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« 阪神JF 出走馬プチ考察7(クロコスミア) | ホーム | 阪神JF 出走馬プチ考察5(キャンディバローズ) »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |