やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レッドクライム
 2.クライムメジャー
 3.ヴァナヘイム
 4.アドミラブル
 5.クリアザトラック
 6.メイズオブオナー
 7.ハナレイムーン
 8.ボムクレイジ
 9.グラニーズチップス
10.ロードアルバータ

<マイナーグループ>
 1.モンドキャンノ
 2.スピリットオブラヴ
 3.インヴィクタ
 4.ペルシアンナイト
 5.ラボーナ

<地獄グループ>
 1.ジューヌエコール
 2.ハッシュタグ
 3.サンライズノヴァ
 4.カウントオンイット
 5.ウノピアットブリオ

阪神JF 出走馬プチ考察7(クロコスミア) 2015-12-10-Thu

阪神JFの出走馬考察7頭目はクロコスミアです。


母父がシアトルスルー系のボストンハーバーなので、ステイゴールドの配合としてはちょっと芯に頼りなさが残っていそうです。

ただボストンハーバーはヴァイスリージェントも持っていて、ステゴとはノーザンテースト≒ヴァイスリージェントのクロスが成立します。
これがパワーを補強してくれてますので、一般的なシアトルスルー系との組み合わせよりは好印象を持ちます。


それとクロコスミアの場合、祖母がナシュワン×サドラーズウェルズという重厚なスタミナ血統なのが良いですね。

走り自体はボストンハーバーの緩い持続力でダラダラと走るのですが、祖母のスタミナが効いているので中々しぶとく、どんなレースでも大崩れなく頑張れるのが特徴です。


突出した長所がないのが玉に瑕ですが、厳しいスタミナを要する展開になった場合、上位争いに食い込んでくる可能性は十分あると思います。



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
好配合2歳馬一覧 ⇒ コチラ

2015年度クラブ募集馬の考察 ⇒ コチラ

スポンサーサイト

CATEGORYぶった斬る2015 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« 阪神JF 出走馬プチ考察8(ジェントルハート) | ホーム | 阪神JF 出走馬プチ考察6(クードラパン) »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |