笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

阪神JF 出走馬プチ考察12(メジェルダ)

阪神JFの出走馬考察12頭目はメジェルダです。


デビュー前にこの馬の血統表を見た時は、マイルをこなせそうな好配合だなというイメージを持ちました。
しかし実際の走りは気分良く突っ走ってしまうタイプで、短距離向きの俊敏さとパワーに溢れている馬でした。

母のメリュジーヌは現役時代に1200m以下で3勝を挙げた短距離馬で、使われたレースは大半が1000mです。
間違いなくこの母の適性がメジェルダに出たのでしょう。

ということで、今回はメリュジーヌの血統について詳しく考えてみたいと思います。


メリュジーヌはフレンチデピュティとストームキャットが「ノーザンダンサー、ボールドルーラー、プリンスキロ、エイトサーティ」で脈絡していて、このあたりの資質が一本気なスピードとして表現されているようです。

ただ注目すべきポイントはもう1つあります。
それはメリュジーヌの母であるメジェールの血統。
構成要素を見ると、ストームキャット、ミスタープロスペクター、ヌレイエフ、ヒズマジェスティなど。
これってロードカナロアの構成と非常によく似てるんですよ。


↓今まではPed Netのリンクを貼ってたんですけど長い間メンテナンス中なので、代わりにネット競馬の配合シミュレートを使ってみました
名称未設定 1
(※画像ではわかりませんが、グロースターク=ヒズマジェスティのクロスを持つという点も共通してます)


なるほど、どうりでメリュジーヌが生粋のスプリンターになり、その子メジェルダも短距離でかっ飛ばしてしまうわけだ。
だってロードカナロアがボトムラインにいるんだもの(笑)


とまあ冗談はさておき、メジェルダはディープの配合的にかなり高得点をあげたい馬です。
しかしここまで突進的なパワースピードが主張してしまうと、ちょっとマイルでもしんどいタイプかもしれませんね~(^_^;)



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
好配合2歳馬一覧 ⇒ コチラ

2015年度クラブ募集馬の考察 ⇒ コチラ

スポンサーサイト


2015/12/11 | 21:03
ぶった斬る2015コメント:2トラックバック:0
コメント
初めまして、私もPed Netが使えず困っています。
私はメジェルダを指名しました。
ご存知かもしれませんが、JBISの架空血統表を使う方法もありますよ。こっちは分かりやすくクロスを表示してくれます。
2015-12-28 月  20:53:14 |  URL | アリス #- [編集]
初めまして(^^)
ネット競馬の方が一般的に認知度が高そうだったので、血統初心者の方でも親しみやすいようこちらを使ってみましたが、JBISも便利ですよね。
ただどっちも牡馬×牡馬や牝馬×牝馬でシミュレーション出来ないのが難点なんですよね……。
Ped Netはそれが出来たので、ニアリークロスなどを調べるときにとても便利だったのですが……。
2015-12-29 火  13:36:40 |  URL | くりがしら #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)

 
 

 
Copyright © やれなかった・やらなかった・どっちだろう All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?