やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レッドクライム
 2.クライムメジャー
 3.ヴァナヘイム
 4.アドミラブル
 5.クリアザトラック
 6.メイズオブオナー
 7.ハナレイムーン
 8.ボムクレイジ
 9.グラニーズチップス
10.ロードアルバータ

<マイナーグループ>
 1.モンドキャンノ
 2.スピリットオブラヴ
 3.インヴィクタ
 4.ペルシアンナイト
 5.ラボーナ

<地獄グループ>
 1.ジューヌエコール
 2.ハッシュタグ
 3.サンライズノヴァ
 4.カウントオンイット
 5.ウノピアットブリオ

サラブレ1月号の『QN』は矢作芳人厩舎です 2015-12-14-Mon

12月12日に『サラブレ』1月号が発売しました!
http://www.enterbrain.co.jp/sarabure/book/


『QN ~厩舎ニックスリサーチ姉弟~』

第3回は「矢作芳人」厩舎を研究しています。


矢作厩舎は今年の2歳世代でもすでに2頭の重賞馬を出していますが、キャンディバローズは厩舎ニックスにバッチリ該当していて、逆にドレッドノータスは厩舎ニックスのパターンとは違っています。

ドレッドノータスは「配合パズル2015」の好配合馬ピックアップで紹介した馬なので、結果を出すことに何ら不思議はありませんが、厩舎目線で考えた場合はキャンディバローズの方が指名しやすい馬ですね。


キャンディバローズがファンタジーSを勝ったとき、ちょうど矢作厩舎の原稿を制作している最中だったので、自分の見解がズバッと当たり嬉しかったです。
しかし僕が参加してる身内POGでは、ライバルにキャンディバローズを指名されちゃってるので、よりによってこの馬で厩舎ニックスが炸裂しなくても良かったのに……と思ってしまったのは内緒です(笑)


というわけで、詳細は本誌でご確認ください。
よろしくお願いいたします!



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
好配合2歳馬一覧 ⇒ コチラ

2015年度クラブ募集馬の考察 ⇒ コチラ


スポンサーサイト

CATEGORY告知 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« 朝日杯FS 出走馬プチ考察1(アドマイヤモラール) | ホーム | 阪神JFプチ回顧 »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |