やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レッドクライム
 2.クライムメジャー
 3.ヴァナヘイム
 4.アドミラブル
 5.クリアザトラック
 6.メイズオブオナー
 7.ハナレイムーン
 8.ボムクレイジ
 9.グラニーズチップス
10.ロードアルバータ

<マイナーグループ>
 1.モンドキャンノ
 2.スピリットオブラヴ
 3.インヴィクタ
 4.ペルシアンナイト
 5.ラボーナ

<地獄グループ>
 1.ジューヌエコール
 2.ハッシュタグ
 3.サンライズノヴァ
 4.カウントオンイット
 5.ウノピアットブリオ

朝日杯FS 出走馬プチ考察2(イモータル) 2015-12-14-Mon

朝日杯FSの考察2頭目は、サウジアラビアRC2着のイモータルです。


母のショアーはドイツ血統が混じるヨーロッパ中心の血統構成。

そこにマンカフェだとちょっと重厚かな?と思っていましたが全然そんなことなかったですね。
マイルにも対応出来るスピードを持っていて、中々奥の深い素質馬のようです。


母方のアグレベイトがテトラテマ5×3、更にはタップオンウッドもテトラテマ5×5になっていて、イモータルのスピード源はこのザテトラーク的な柔らかさなのかなと感じます。

こういう柔らかい質のスピードは芯が頼りないので、楽な展開で真価を発揮しやすく、逆にタフになった時には意外と脆さが出ることが多いです。

なのでサウジアラビアRCの次点で脆さが出るのではないかと思っていたのですが、結果はブレイブスマッシュに鼻差届かなかったものの大接戦の2着。
現状の体質でこの成績は立派だと思います。

ただ坂のある残り400mあたりでは少しもたついているようにも感じたので、やっぱり本質的にはまだまだ未完なのかもしれません。

今回の阪神競馬場の坂は東京の坂よりももっと急で、なおかつ直線でも一番苦しい残り200mに待ち構えています。
イモータルにとってこの条件を克服するのは中々大変なことだと思うのですが、豪腕ムーア騎手の力でそれを乗り越えて欲しいですね……って、ムーア乗れないかもしれんの!?



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
好配合2歳馬一覧 ⇒ コチラ

2015年度クラブ募集馬の考察 ⇒ コチラ

スポンサーサイト

CATEGORYぶった斬る2015 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« 朝日杯FS 出走馬プチ考察3(エアスピネル) | ホーム | 朝日杯FS 出走馬プチ考察1(アドマイヤモラール) »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |