やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

朝日杯FS 出走馬プチ考察5(シャドウアプローチ)

朝日杯FSの考察5頭目は、ききょうSの勝ち馬シャドウアプローチです。


血統的にはマイル~中距離もこなせるとは思うのですが、短距離路線を使っているように気性的な問題を抱えているようです。

母マルカアイチャンの現役時代を覚えていないので正確な印象はわかりませんが、シャドウアプローチの気むずかしさはこのお母さんの影響なのかな。
マルカアイチャンの2代母父はディクタスなので、気性難が出てしまったとしても不思議ではありません。


シャドウアプローチの父ジャングルポケットは日本ダービーやジャパンカップを勝ったように、東京向きの柔らかい斬れ味を持った競走馬でした。
しかしシャドウアプローチの場合は、デピュティミニスター系のフレンチデピュティが母父なので、ガチッとしたパワフルな硬さを帯びている上、4代母父ハンターコムのアバーナント+フェアトライアルが、トニービンやヌレイエフの“硬い要素”を刺激しています。

そのため、ジャングルポケット~トニービンに通ずる柔斬れではなく、力強いピッチ走法で加速していく機動力型に出ているようです。
なのでタイプ的にはエアスピネルと似たようなところがあり、本質的には内回りの方が向いているのかもしれません。

ただし前走の京王杯2歳(3着)でも最後までしぶとく伸びつつけているように、ハイペリオン的な持続力はしっかりと備わっているように感じました。
阪神マイルというタフな舞台でもそれなりに対応出来ると思うので、気性面を上手くなだめつつこなして欲しいですね。



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
好配合2歳馬一覧 ⇒ コチラ

2015年度クラブ募集馬の考察 ⇒ コチラ

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.