やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

朝日杯FS 出走馬プチ考察7(ショウナンライズ)

朝日杯FSの考察7頭目は、くるみ賞の勝ち馬ショウナンライズ。


ショウナンライズの母ゴーカロライナは、母として送り出した7頭の産駒のうち6頭が勝ち上がり、繁殖牝馬として非常に優秀な成績を残しています。

ゴーカロライナの父はレッドゴッド≒ヘイロー2×2のスピードを伝えるラーイ。
このあたりの軽快さがしっかりと伝わることが、母として成功している要因なのでしょう。
ショウナンライズの父ダイワメジャーは、ノーザンテーストの硬さを緩和するような血と相性が良い種牡馬なので、その点でラーイの軽さが効果的に働いているようです。


ただしラーイのスピードの質は、やや淡泊なものといえます。
ゴーカロライナの産駒がダートでの勝ち星が多いことも、ラーイの淡泊さの影響が出ているのかもしれません。

ショウナンライズのスピードは今のところ芝でしっかりと活きているので問題ないですが、やはりラーイっぽさから、スピードの質は柔らかさよりも軽さに比重が傾いているように感じます。
なのでマイルでゆったりとタメを効かせて走るよりも、1400mで軽快に走るほうが自身の資質には合っているかも?とは思ったりしますね。




POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
好配合2歳馬一覧 ⇒ コチラ

2015年度クラブ募集馬の考察 ⇒ コチラ


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.