笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

朝日杯FS 出走馬プチ考察8(ボールライトニング)

朝日杯FSの考察8頭目は、京王杯2歳Sの勝ち馬ボールライトニングです。


ダイワメジャーという種牡馬は、ノーザンテーストの硬さを柔らかくほぐすことが配合のセオリーです。
ボールライトニングの母デフィニットが持つ、セクレタリアトやカーリアンはその役目としては適任。
例えばセクレタリアト持ちにはカレンブラックヒルやエクセラントカーヴが、カーリアン持ちにはコパノリチャードやゴールデンナンバーなどの活躍馬が出ています。

ボールライトニングが見せる、良い意味でダイワメジャー産駒らしくない柔らかくて優雅なフットワークは、セクレタリアトやカーリアンがしっかりと根付いていることの証明です。


ボールライトニングはノーザンテースト≒ヴァイスリージェントという、パワーを強化するニアリークロスも併せ持つため、おそらく阪神の坂もこなしてくれるでしょう。
ダイワメジャーの教科書的な好配合で、個人的には出走予定の馬の中で文句ナシに1番好きな配合馬ですね。


この手のセオリー通りのダイワメジャー産駒は、二塁打、三塁打を狙うにはバッチリなのですが、GⅠという舞台でホームランを狙うとなると、ディープ産駒の切れ味に屈してしまうことが多々あります(特に外回り)。

しかし今回はディープ産駒は1頭も登録してないんですよね。
これはすごいチャンスかもしれませんね~。



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
好配合2歳馬一覧 ⇒ コチラ

2015年度クラブ募集馬の考察 ⇒ コチラ


スポンサーサイト


2015/12/16 | 22:47
ぶった斬る2015コメント:0トラックバック:0
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)

 
 

 
Copyright © やれなかった・やらなかった・どっちだろう All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?