やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

ホープフルS プチ予想

今回は全馬考察をする時間がちょっと取れないので、簡単予想でお許しください。


◎バティスティーニ
エアスピネルと同じ、キンカメ×ノーザンテーストの機動力型。
バティスティーニの場合は更にキングマンボ≒ビバールクインなので、よりパワフルさに磨きをかけた感じ。
配合的にはレッツゴードンキに近いかな。
中山の2000mならこの資質は大きな武器になると思います。


◯ブレイブスマッシュ
ノーザンテーストのクロスによるパワースピードがメイン。
サウジアラビアRCでは、直線を向いた時点ではイモータルと同じような位置でしたが、イモータルがモタモタしている間に(不利もあったようですが)こちらは一気に加速して突き放していきました。
あの機動力が使えるなら中山でも楽しみ。


▲ロードクエスト
柔らかくワンペースな走りから、本質的には直線の長い外回り向きの馬だと思います。
しかし母方にはダンジグ、ロベルト、ノーザンテーストなどパワーもしっかりと兼備しているため、自分の競馬が出来ればここでも崩れずに頑張ってくれそう。


△ブラックスピネル
全体的に重厚なタイプにも関わらず、京都の外回りでスマートオーディンに勝った能力を見込んで。


△プランスシャルマン
ブレイブスマッシュやロードクエストと同じで、母がノーザンテーストとリアルシャダイを抱える構成。
中山のパワースピード勝負も問題ないでしょう。


△ラブレオ
しぶとく頑張りそう、ただそれだけです(笑)



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
好配合2歳馬一覧 ⇒ コチラ

2015年度クラブ募集馬の考察 ⇒ コチラ

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.