やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レッドクライム
 2.クライムメジャー
 3.ヴァナヘイム
 4.アドミラブル
 5.クリアザトラック
 6.メイズオブオナー
 7.ハナレイムーン
 8.ボムクレイジ
 9.グラニーズチップス
10.ロードアルバータ

<マイナーグループ>
 1.モンドキャンノ
 2.スピリットオブラヴ
 3.インヴィクタ
 4.ペルシアンナイト
 5.ラボーナ

<地獄グループ>
 1.ジューヌエコール
 2.ハッシュタグ
 3.サンライズノヴァ
 4.カウントオンイット
 5.ウノピアットブリオ

ロードプレミアムを指名しました 2015-12-27-Sun

指名馬リオンディーズがGⅠを勝利して大喜びのヒデちゃんとは対照的に、相変わらず低空飛行のくりがしらです(´・ω・`)


今日の新馬戦でデビューするロードプレミアムを指名しました。


ディープインパクトの配合で個人的に注目しているのが、『アンブライドルド』持ちと、『クラフティワイフ』持ち。

ディープ×アンブライドルドからはダノンプラチナ、ダノンバラード、ダコール、ブランボヌール、アンドリエッテなどの活躍馬が出ています。
そしてディープ×クラフティワイフからもトーセンホマレボシ、トーセンスターダム、ヒストリカルが出ています。


このニックスのポイントは、どちらも「インリアリティ×バックパサー」で構成されているところ。
凝縮された米パワーがディープに足りない筋力を補ってくれることが、成功の秘訣ではないかと睨んでいます。


そして去年のPOG(現3歳世代)からは、アンブライドルド、クラフティワイフとはまた別の、新たな「インリアリティ×バックパサー」血脈がディープインパクトとの間に活躍馬を出しました。

それが『クラフティイグザンプル』です。

この血を持つディープ産駒はまだ2頭しかデビューしていませんが、その内の1頭が今年の京都新聞杯を勝ち、日本ダービーでも2着になったサトノラーゼン。
アンブライドルド、クラフティワイフと並んで、ディープインパクトのニックスになる可能性は十分でしょう。


デビュー済の2頭のうち、サトノラーゼンじゃないほうの残りの1頭がロードプレミアムの兄であるロードグランツ。
兄はデビュー戦で2着になった後、残念ながら屈腱炎で中央登録を抹消となってしまいました。

弟のプレミアムには是非とも頑張ってもらって、ディープ×クラフティイグザンプルを正式にニックスと認定出来れば嬉しいですね。



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
好配合2歳馬一覧 ⇒ コチラ

2015年度クラブ募集馬の考察 ⇒ コチラ

スポンサーサイト

CATEGORYぶった斬る2015 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« サラブレ2月号の『QN』は二ノ宮敬宇厩舎です | ホーム | ホープフルS プチ予想 »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |