やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レッドクライム
 2.クライムメジャー
 3.ヴァナヘイム
 4.アドミラブル
 5.クリアザトラック
 6.メイズオブオナー
 7.ハナレイムーン
 8.ボムクレイジ
 9.グラニーズチップス
10.ロードアルバータ

<マイナーグループ>
 1.モンドキャンノ
 2.スピリットオブラヴ
 3.インヴィクタ
 4.ペルシアンナイト
 5.ラボーナ

<地獄グループ>
 1.ジューヌエコール
 2.ハッシュタグ
 3.サンライズノヴァ
 4.カウントオンイット
 5.ウノピアットブリオ

3歳重賞勝ち馬回顧(マウントロブソン) 2016-04-13-Wed

今回考察するのは、スプリングSの勝ち馬マウントロブソン。


本馬の母父はミスターグリーリー。
この血は軽快なスピードを伝えるゴーンウェストを父に持つうえ、ボールドルーラー4×3でそのスピードを更に磨きをかけています。

実はこのスピードって、ちょっと淡泊さが強い側面があるんですよね。
そのため、ディープインパクトの切れ味を削いでしまったり、芯が通らず非力なタイプに出てしまったりなど、一概にプラスとして機能するとは限りません(^_^;)


ただしマウントロブソンの場合は、祖母がクロフネのお母さんでもあるブルーアベニュー。
ここからガッチリとしたパワーを受け継いでいますから、ディープ×ミスターグリーリーの弱点の1つである、非力に出やすいという点は問題ないでしょう。

ですがブルーアベニューのパワーはモッサリしているというか、ちょっと筋肉ムキムキ任せのところがあるんですよね。
ですからミスターグリーリーによって削がれてしまったディープの切れ味については、モッサリしたブルーアベニューではケアのしようがなく、そのまま据え置きって感じになっています。


そんなわけで、マウントロブソンは柔らかいけどキレはなく、パワフルな持続力でしぶとく戦う、ドンくさい持久戦向きのタイプに仕上がっているようです。
キャラ的にはアドマイヤダイオウに似ているかもしれません。

ヘイロー的な瞬発力を使うサトノダイヤモンドやマカヒキとは全くキャラが違いますが、言い換えればこっちに有利な展開にさえなれば、3強のうちの2頭をまるごと食うことが可能ということ。
一雨降ってタフな展開になれば面白いことになりそうですよ(・∀・)



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ


スポンサーサイト

CATEGORYぶった斬る2015 Trackback 0 Comment 2 △Page Top

« サラブレ5月号の『QN』は特別編です | ホーム | 3歳重賞勝ち馬回顧(マカヒキ) »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 Y子 | URL | 2016-04-15-Fri 11:48 [EDIT]

お久しぶりです。
私がPOG指名したマウントロブソンを取り上げて下さり、ありがとうございます。
一昨年が出来過ぎたせいで、去年は大コケでしたが、マウントロブソンが去年の分を取り戻してくれたのは嬉しいです。
サラブレの連載も、応援しています。

>Y子さん くりがしら | URL | 2016-04-15-Fri 12:36 [EDIT]

お久ぶりですー(^o^)
Y子さんといえばハーツクライに精通しているイメージですが、今期はディープ産駒のマウントロブソンですか。
僕は皐月賞の出走なしなので羨ましい限りです(^_^;)

サラブレの応援ありがとうございます!
頑張ります!


トラックバック

TB*URL

| ホーム |