皐月賞 全馬プチ考察(2)

・ウムブルフ

リファールのクロスでフワッとした持続力を強化している馬。
ただし全体的には若干重厚さが強いので、ちょっとピリッとしない粘り型に出ているのかな。
なんだかハービンジャー産駒なんじゃないかと思わせるようなもどかしさを感じます。



・ミッキーロケット

ラストタイクーン≒カーリアン3×3、ミルリーフ≒リヴァーマン5×5、更にコジーンを持つなど、「ナスルーラ×プリンスキロ」的な柔らかさをかなり強化した配合。
その一方でミスプロとヌレイエフもクロスしていて、キングマンボ的なパワーも同時に増幅しています。
柔らかさで攻めるのか、パワーで攻めるのかどっちつかずの構成になっていて、どのコースで応援すべきか迷う馬ですね(^_^;)



・ナムラシングン

父の特徴であったヘイロー3×4のクロスを更4・5×5と継続していますが(正確にはマキャベリアン≒クードジェニー3×3)、走りをみた感じだとヘイロー的な俊敏さとはまた違う、ちょっとフニャッとした柔らかさがあるように思います。
多分ミスプロのクロスの影響に加えて、エーピーインディとコジーンによる「ナスルーラ×プリンスキロ」的な柔らかさが、緩さとして出ているのかな。
ヘイロー的な器用さで走るより、前走や前々走のようにシアトルスルー的なマイペースさを乱さず外を捲っていく方が、現状では力が出せそう。



・トーアライジン

ゴメンナサイ、よくわかんない……(^_^;)



・サトノダイヤモンド

詳しくは先日書いた記事を読んでください。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1544.html

いかにも皐月賞に向いた配合なので、ダービーよりもここで応援したい血統。
できればヘイロー的な軽さが“非力さ”に繋がっているのか、いないのかを見たかったんですけどね。
これまでの3走がドスロー→ドスロー→平坦コースだったし、しかも全て大楽勝すぎたので結局良くわからんかったなあ。
個人的には問題はなさそうには感じましたけど……。



・リスペクトアース

「配合パズル2015」のマンカフェ編で紹介した、マキャベリアン持ちの成功パターンですね。



馬格があるうえアレッジド4×4なので、モッサリとした重厚感に満ちた馬。
それでいながら結構フワフワと軽い走りを見せるんですよね。
おそらくヘイローのクロスや、ゴーンウェストの軽さが出てるんでしょうけど、なんだかちょっと面白いタイプだな~と。
ただこの手のタイプは瞬発力や加速力に乏しいので、切れ味ではかなり分が悪そうに思います。
京都の下り坂を利用して上手くスピードをのせつつ、そのままなだれ込むような戦法が一番合ってそう。




POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

レースぶりも交えて解説しろとなると難しいですが、血統だけ言うならトーアライジンも勝ち上がり馬なだけあって、なんだかんだで基本を押さえてますねえ。
父デュランダルの祖母スコッチプリンセスはハイペリオンの複数クロスなどを持ち、そこにノーザンテーストを付けたサワヤカプリンセスはつまり、ダイワメジャーやドリームジャーニーと同じノーザンダンサー~ノーザンテーストが強く表現された血統で、ナスキロかナスペリオンを必要としている種牡馬。
そしてトーアライジンの母トーアライトニングはHopespringseternal ≒サーアイヴァー3x4を持つ。ナスキロの中でも特にファラモンドなどでヘイローと脈絡するという意味もあるこれは、直截デュランダル産駒で言うとエリンコートで、他の種牡馬のカレンブラックヒル(ドローン)、コパノリチャード(Foreseer)と同じ流れではあるんですね。

余談ですが自分は、何号だったか何年も前の「優駿」誌の記事で「ノーザンテースト産駒の特徴は、球節(人間でいう手首)が蹄をひん曲げて脚が地面に直接あたることもあるほどの柔らかさで、その分仕上げに難があり、晩成馬やデビューできない馬も多かった。だから硬さのあるリアルシャダイを導入した」っていう話の印象があって、テーストの硬さについての話になると、ええ~話しが違うじゃんかよ~って気分になります(笑)

>オメガさん

救いの手に感謝です(笑)
たしかにトーアライジンは芝もイケそうな配合ですし、決して悪くはないんですよね~。

ノーザンテーストはそういう風な意見もあったんですか。
とにかく硬いパワースピードのイメージが強いだけに、ちょっとビックリです。
もちろん色々な見方があって当然ですが、たしかに話しが違うじゃんかよ~ってなりますね(笑)
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
最新記事
カテゴリ
最新コメント
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
リンク