笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

ディープインパクト2歳馬 成功パターン該当馬一覧(その2)

5月3日に発売した血統同人誌『配合パズルでアタリはわかる2016』では、ディープインパクト編は「姫の巻」のみの収録となっております。
したがって14年度版に掲載したディープインパクトの基本的な配合論である、「基礎考察編」と「配合パズル編」は掲載していません。

配合理論に大きな変更はありませんので、ディープの配合につきましては14年度版の考察を来期POGでもそのまま活用してくだされば大丈夫だと思います。


とはいえ、これから血統を学びはじめる方にしたら、成功パターンに該当する2歳馬を自分で探すのは大変なことだと思います。

なので今年デビューする現2歳馬の中で、14年度版のディープインパクトの「配合パズル編」で紹介した成功パターン該当馬の一覧を掲載しておきます。
せっかくですから、ついでに15年度版の「虎の巻」の必勝パターンの該当馬も一緒に掲載しました。
是非参考にしてみてください。


その1はコチラ
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1566.html


配合論が気になった方は、ぜひ同人誌の方もチェックしてくださると嬉しいです!





※馬名は全て母名です



『リファールのクロス+フォルリ』

母名
エーシンスペリアー
エレクトラレーン
カクテルハート
キングスローズ
シャイニングエナジー
タンタスエルテ
トレノエンジェル
ブルーミングアレー
ボーントゥブーギー
ラヴアンドバブルズ
リオズスターレット
ルアーズストリート
レディオブヴェニス

上記のうち、15年度版「虎の巻」に掲載した必勝パターン、『リファールのクロス+サドラーズウェルズ』の該当馬は以下のとおりです。


『リファールのクロス+サドラーズウェルズ』

母名
エーシンスペリアー
エレクトラレーン
カクテルハート
タンタスエルテ
ブルーミングアレー
ボーントゥブーギー
リオズスターレット

現3歳では青葉賞を勝ったヴァンキッシュランがこのパターンに該当しています。



『リファールの薄いクロス+(ハイペリオン×フェアトライアル)』+パワー

※前述の「リファール+フォルリ」と重複するため、フォルリを持つ馬以外の一覧を掲載します。

母名
アゼリ
カホマックス
スカーレットドレス
ドナブリーニ
メリッサ
ヤマニンエマイユ
ロリーフォードリー

パワーの要素については定義が曖昧ですから、みなさんが各々で判断してください。



『トニービン+フォルリ』

母名
クィーンスプマンテ
スカーレット
ハウオリ
ロベルタ



『トニービン+ノーザンテースト』

母名
エイシンジョアンナ
クィーンスプマンテ
グレースランド
ポルトフィーノ


トニービン持ちのうち、15年度版「虎の巻」に掲載した必勝パターン、『3代目以降にトニービン』を持つ該当馬は以下のとおりです。


『3代目以降トニービン』

母名
カホマックス
クィーンスプマンテ
スカーレット
ハウオリ
ポルトフィーノ
メリッサ
ヤマニンエマイユ
ロベルタ

スポンサーサイト


2016/05/11 | 04:37
ぶった斬る2016コメント:0トラックバック:0
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)

 
 

 
Copyright © やれなかった・やらなかった・どっちだろう All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?