やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レッドクライム
 2.クライムメジャー
 3.ヴァナヘイム
 4.アドミラブル
 5.クリアザトラック
 6.メイズオブオナー
 7.ハナレイムーン
 8.ボムクレイジ
 9.グラニーズチップス
10.ロードアルバータ

<マイナーグループ>
 1.モンドキャンノ
 2.スピリットオブラヴ
 3.インヴィクタ
 4.ペルシアンナイト
 5.ラボーナ

<地獄グループ>
 1.ジューヌエコール
 2.ハッシュタグ
 3.サンライズノヴァ
 4.カウントオンイット
 5.ウノピアットブリオ

オークス 血統考察(その1) 2016-05-19-Thu

今期参加させていただいている「脳内POGカップ」ですが、来期も参加させていただくことになりました。
http://blog.livedoor.jp/takashix78/archives/51835201.html

今期はシンザン記念勝ちのロジクライ、アーリントンC勝ちのレインボーライン、マーガレットS勝ちのティソーナを指名して、ワリと頑張ったと思うんですけどねえ・・・。
現在の順位は半分よりも下の33位…レベル高ぇ(´・ω・`)

来期の指名馬については、すでにtakashix78さんにメールで送信済み。
配合の良さはもちろんのこと、今回は厩舎との相性(厩舎ニックス)も重視して選びました。

指名理由の“説得力”だけならブッチギリ優勝レベルなので楽しみにしていてください(笑)



ではオークスの全馬考察を頑張ります╭( ・ㅂ・)و ̑̑



・フロムマイハート

母方にチーフズクラウンを持つハーツクライ産駒は、12頭中8頭が勝ち上がり。
本馬の他にもヌーヴォレコルトやベルラップを出している相性の良い組み合わせです。
配合的には淡白な米血色が濃く、メリハリのある瞬発力は使えないような印象を受けます。
あまり軽い馬場だと詰めの甘さが出ちゃいそうなので、今回はそこが問題ですかね。



・アウェイク

全然関係ない話ですが、馬名の雰囲気的に近藤英子さんの所有馬だと思ってました(笑)
母父がゴーンウェスト系なので、軽いスピードを武器に走るタイプでしょうか。
ただ全体的に淡白な米血が主体だけに、軽快なワリにスパっと切れる脚はなさそう。
個人的な好みですが、ディープ牝馬としては嫌いなタイプですね(^_^;)



・シンハライト

詳しくは桜花賞前に書いた考察記事を読んでください。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1534.html

切れ味に関しては間違いなくナンバーワンでしょう。
いったん下げてから外を回して差すのか、中段で控えて直線は内を割るのか。
この枠はどうなんでしょうね。



・アットザシーサイド

詳しい配合については、阪神JF出走時の考察をよんでください。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1489.html

ミスプロ≒アリダーと、スペシャル≒タックスペイヤーズフォリーですから、要するにキングマンボとタックスヘイヴンの突進的なパワースピードを前面に出して走る馬ですね。
桜花賞はスローペースになったので、この馬のピッチ走法が活きる展開になりましたが、本来は内回り千四に向いたタイプでしょう。
今回の距離延長は歓迎とはいえないと思います。



・ペプチドサプル

3代母がブライアンズタイムと15/16同血の近親。
全体的にはパワー血脈が多めですが、母が持つボールドラッド4×5、ボールドラッド≒ボールドイグザンプル4×4が効いてるのか、重厚感の中にも柔らかい走りが伝わっているところに好感が持てます。
本格派な中距離血統で、結構好きなタイプの配合馬です。
穴候補として覚えておきたいですが、出来れば少しタフな展開の方が良さそうかな。



・アドマイヤリード

阪神JF出走時に考察しましたので、詳しくはそちらを読んでください。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1491.html

血統的に柔らかさを豊富に含んだタイプなので、松博厩舎との相性は悪くなかったと思います。
しかし転厩後の須貝厩舎はもっと頑丈なハイペリオン血統タイプの方が向いているので、アドマイヤリードとの相性は松博さんほど良くはなさそう。
まだ芯の強さが付ききってないのか、ズバッとした脚を使えないっぽいですね。
後ろから行く馬なので、このあたりが今はもどかしい時期でしょう。




POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ

スポンサーサイト

CATEGORYぶった斬る2015 Trackback 0 Comment 2 △Page Top

« オークス 血統考察(その2) | ホーム | 3歳重賞勝ち馬回顧(チェッキーノ) »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます  | | 2016-05-20-Fri 00:39 [EDIT]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 くりがしら | URL | 2016-05-20-Fri 07:09 [EDIT]

ま~確かに牝馬は柔らかくても問題ないんですけど、とはいえステゴの配合論的にはノーザンテーストの要素を刺激している方が個人的には好きなんですよね。
やっぱりこの馬は少し足りないというジャッジのまま据え置きで(^_^;)


トラックバック

TB*URL

| ホーム |