笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

オークス 血統考察(その2)

WOWOWで録画しておいた『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を見たんですけど、吹き替えのショボさにガックリしました(´・ω・`)

世界的に評価が高い作品なんだから堂々と中身で勝負すればいいのに、安易に芸能人を声優として起用する日本の映画業界。
こんなんやってて大丈夫なのかよ~。
劇場で観て凄く興奮した作品だけに残念です。

ちなみに僕がこれまで観た吹き替えで、一周回って面白かったのは『LIFE!』と『ウォンテッド』かな(^_^;)



ではオークスの考察の続きを頑張ります╭( ・ㅂ・)و ̑̑



・ゲッカコウ

ロージズインメイ×シンボリクリスエスなので、基本は中山向きのパワー型かなと思います。
ただし母がシアトルスルー4×4で、このへんの緩慢さもちょっと感じるため、ピリッとした機動力は使えず。
突出した長所がどこなのかがハッキリとしない難しいタイプかな(^_^;)



・デンコウアンジュ

詳しい考察は、阪神JF出走時の記事を読んでください。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1498.html

配合的にはどこかで一発ありそうな感じがするんですよねえ。
前走は直線で完全に前が塞がって競馬にならなかったので度外視。
あのメジャーエンブレムを差しきった東京コースで再びの激走に期待です。



・ウインファビラス

阪神JF出走時に考察しましたので、詳しくはそちらを読んでください。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1492.html

ステゴの配合としては悪くはないと思うんですが、柔らかさがダラシなさとして出ているのが気になるタイプ。
まだひ弱さが残っている感じもするので、東京の軽い馬場は合っているように思います。
ただ前走はもう少し見どころのある走りを見せてほしかったところです。



・ダンツペンダント

この馬、メチャクチャ面白い馬ですね~( ゚∀゚ )
母がダンジグ+アリダーで、自身はノーザンテースト≒ザミンストレル4×5。
最初に血統表を見た印象では、てっきり突進的なパワーを武器にガッツリ掻き込んで走るタイプだろうと思ってました。
でも前走の500万下のレース映像を見ると、むしろ柔らかな足さばきで、しなるように走っているんですよね。
このどことなくトニービンっぽさを感じさせる斬れ方から推察するに、どうやらダンツペンダントの主成分は上記の仕掛けによるパワーではなく、パロクサイド≒メイジポピー(ネヴァーセイダイ、ビッグゲーム、ハイペリオンが脈絡)5×5による、「ナスルーラ×ハイペリオン」的な柔らかい斬れ味なんでしょう。
字面のイメージと現実があまりにも乖離しすぎていて、見てて超キモチ悪いわ~(笑)



・エンジェルフェイス

先日考察記事を書いたので、詳しくはそちらを読んでください。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1572.html

今回逃げるのはこの馬なんですかねえ。
切れる脚があるタイプの配合には思えないので、なるべく積極的に攻めて行ったほうが良い気はします。



・フロンテアクイーン

ダンシングブレーヴとサンデーサイレンスによる「ドローン≒ヘイロー」のフワッとした軽いスピードで走るタイプ。
でも良くも悪くもそれが全てという感じ(^_^;)
強烈な個性が見えてこないので、ちょっと応援のしどころに迷うなあ(^_^;)




POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ

スポンサーサイト


2016/05/20 | 09:40
ぶった斬る2015コメント:0トラックバック:0
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)

 
 

 
Copyright © やれなかった・やらなかった・どっちだろう All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?