やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レッドクライム
 2.クライムメジャー
 3.ヴァナヘイム
 4.アドミラブル
 5.クリアザトラック
 6.メイズオブオナー
 7.ハナレイムーン
 8.ボムクレイジ
 9.グラニーズチップス
10.ロードアルバータ

<マイナーグループ>
 1.モンドキャンノ
 2.スピリットオブラヴ
 3.インヴィクタ
 4.ペルシアンナイト
 5.ラボーナ

<地獄グループ>
 1.ジューヌエコール
 2.ハッシュタグ
 3.サンライズノヴァ
 4.カウントオンイット
 5.ウノピアットブリオ

日本ダービー 血統考察(その1) 2016-05-26-Thu

POGの最後かつ最大のお祭り、日本ダービーがついにきましたね~( ゚∀゚ )

僕はもう今期は優勝は無理な位置ですが、とりあえずプロディガルサンでダービーに参加することが出来ただけでも良しとしましょう。
この雰囲気を満喫したいと思います。


では考察を頑張ります!╭( ・ㅂ・)و ̑̑



・ディーマジェスティ

詳しくは下記の記事などを読んでください。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1545.html
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1555.html

母父ブライアンズタイムというのは芝路線ではマイナスになることも多く、産駒の当たり外れが激しいパターンという印象です。
ただ本馬のように、当たった時はこちらの予想を超える場外ホームランになるんですよね。
まるで近鉄バファローズのブライアントみたいなタイプ……って、例えが古いですね(^_^;)



・マイネルハニー

母がアクロポリス=アリシドン5×5に加え、グロースタークとイコマエイカンが「テネラニ、ハイペリオン、サンインロー」で緩い相似配合になっていて、重厚なスタミナに秀でた配合をしています。
マイネルハニー自身もグロースターク5×5で母のスタミナをそのまま継続していますから、マツリダゴッホ産駒にしてはしぶとい持続力に長けています。
ただマツリダゴッホの配合的にはちょっとパワースピードの刺激が弱い感じもするので、大一番で好勝負が出来るほどの脚の速さがあるのかどうか……。



・マカヒキ

詳しくは下記の記事などを読んでください。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1546.html
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1555.html

スピード、スタミナ、切れ味などを含めた総合力では、今回出走するディープ産駒の中でナンバーワンではないかと思います。
内枠を引いたことで、キズナのダービーみたいな競馬をするんでしょうか。
後方からまとめてズバッと差し切れるのか、川田騎手の手腕に注目ですね。



・レインボーライン

詳しくはNHKマイルC前の考察記事を読んでください。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1557.html

わりとダラダラとした持続力で走るタイプ。
マイル路線でもモタつくような感じもあったので、配合的には距離はこなせると思ってます。
ただ実際マイルばかりを使って、スピードを活かす競馬に慣れちゃってるのがどう影響するのか、そこがポイントでしょうか。



・エアスピネル

詳しくは下記の記事などを読んでください。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1508.html
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1555.html

前走はハイペースを先行したので、最後苦しくなってしまうのは仕方がありません。
でもせめてサトノダイヤモンドよりは前の着順でゴールしてほしかったな~というのが本音です。



・アグネスフォルテ

母父フレンチ、2代母父ダンス、そしてイルドブルボン5×4という構成から察するに、一見鈍重なスピードナシっぽく思えるんですけどねえ。
実際はハービンジャーらしいトムフール的な軽さが強く、京都の下り坂でフワッとなだれ込むタイプに出ています(ドレッドノータスみたいな感じかな)。
……母の重厚さはどこへ?
おそらく母のニジンスキー3×3が良い方向に出ているのでしょうが……う~んゴメンナサイ、この馬イマイチ良くわかんない(^_^;)




POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ

スポンサーサイト

CATEGORYぶった斬る2015 Trackback 0 Comment 2 △Page Top

« 日本ダービー 血統考察(その2) | ホーム | 3歳重賞勝ち馬回顧(ヴァンキッシュラン) »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 オメガ | URL | 2016-05-28-Sat 00:59 [EDIT]

アグネスフォルテの血統、ハービンジャーはどいつもサンデーでサーアイヴァー≒ヘイローしたいやつばかりですが、ダンスインザダークだとダンス自体がヘイローxノーザンダンサーxキートゥザミント内のプリンスキロでシャリーフダンサーに近くなって、そこにさらにもう一本その辺りを入れてダブルでするといい感じになりますねえ。
ファラモンドが二つあるシャリーフダンサーの強化度が濃くなるから、それらしくなるのかもしれませんね。

アグネスフォルテ(GII2着):母父フレンチデピュティ(ノーザンダンサーナスキロ)x母母父ダンスインザダーク

テルメディカラカラ(1600万下勝利):祖母がノーザンダンサー系xドローン(≒サーアイヴァー)

ショウボート(1000万下2着):祖母がノーザンダンサー系xレッドゴッド(≒ヘイロー≒サーアイヴァー)持ち

ロカ(GIII3着):母母父アルザオ

>オメガさん くりがしら | URL | 2016-05-28-Sat 06:56 [EDIT]

う~ん、どうなんでしょう。
ハービンジャー×ダンスインザダークって、僕的にはダンスとシャリーフダンサーが脈絡というよりは、デインヒル≒ダンシングキイのほうが強く出ると思ってるので、鈍重さが強まりそうで嫌いな組み合わせです(^_^;)
ま~アグネスフォルテの場合は軽さが強いので、そこまで嫌うこともないんでしょうけどね(笑)
だからこそオメガさんの言うとおり、シャリーフダンサー刺激(この馬でいったらフレンチデピュティ)がもう1本あることが重要なのかもしれませんね。


トラックバック

TB*URL

| ホーム |