やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レッドクライム
 2.クライムメジャー
 3.ヴァナヘイム
 4.アドミラブル
 5.クリアザトラック
 6.メイズオブオナー
 7.ハナレイムーン
 8.ボムクレイジ
 9.グラニーズチップス
10.ロードアルバータ

<マイナーグループ>
 1.モンドキャンノ
 2.スピリットオブラヴ
 3.インヴィクタ
 4.ペルシアンナイト
 5.ラボーナ

<地獄グループ>
 1.ジューヌエコール
 2.ハッシュタグ
 3.サンライズノヴァ
 4.カウントオンイット
 5.ウノピアットブリオ

日本ダービー 血統予想 2016-05-28-Sat

出走馬考察はこちらです。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1581.html
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1582.html
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1583.html



◎ リオンディーズ
◯ ヴァンキッシュラン
▲ マカヒキ
△ ディーマジェスティ
△ レッドエルディスト
△ プロディガルサン




まず最初に考えたのは、「ヘイローの瞬発力を持つ馬をどうするか」でした。

今年の牡馬クラシック路線はヘイロー的な瞬発力を武器にする馬が良く活躍馬しています。
今回のダービーに出走する馬で言うと、マカヒキ(ヘイロー≒レッドゴッド4×5・6)、サトノダイヤモンド(ヘイロー3×4・5)、スマートオーディン(ヘイロー≒サーアイヴァー4・4×4)あたりですね。

ヘイローの軽さは現在の日本の馬場においては強力な武器になりますから、クラシック路線に“乗る”ための手段としては一番簡単な近道といえるかもしれません。
しかしクラシックに乗るだけならともかく、“勝つ”という点で見た場合、はたして軽さだけ足りるのでしょうか?
やはりスピード、スタミナ、パワーなど、総合力が秀でていなければ簡単に勝つことは出来ないでしょう(GⅠは総合力でぶつかり合うレースになってほしい、という個人的な願望も含まれてます)。


クラシック第一弾の皐月賞を勝ったのは、同じディープ産駒でもヘイローを強化せず、ブライアンズタイム×サドラーズウェルズでディープらしからぬパワーを持ったディーマジェスティでした。
この事実を重く受け止めたいと思っています。

ヘイロー的な素軽さがあったからこそ、この大舞台で人気を背負う立場にまで登ってこれた、それは間違いありません。
しかしその一方で、ここから先はヘイロー的な要素がむしろ壁になり、頂点に立つことを阻むのではないか、そうも考えました。

マカヒキはヘイロー以外の部分に持続力やパワー、スタミナ等の要素を兼備していて、総合力が高いタイプ。
なのでヘイロー的な要素を極端に嫌うことなく▲評価にはしました。
しかしヘイロー色が特に濃いサトノダイヤモンドとスマートオーディンに関しては、思い切って無印という決断で勝負してみます。


となれば本命&対抗はスローの瞬発力重視ではなく、タフな持続力に長けた馬から選びたいところです。
だってスローペースだったらマカヒキ、サトノ、スマートオーディンの切れ味が勝つでしょうから。


というわけで本命は◎リオンディーズ。

前走の皐月賞は果敢に先行したものの、結局は最後でキツくなってしまい、自爆というかたちで敗れてしまいました。
この結果を踏まえて、今回は行くのか控えるのか、判断が難しいところです。
しかし一瞬の切れ味でマカヒキに劣る以上、あの作戦は決して間違っていなかったハズ。
デムーロ騎手は肝の据わった騎手ですから、皐月賞ほど前には行かないにせよ、ある程度は積極的に攻めていってくれると思っています(思いたい)。

マイネルハニー、アグネスフォルテ、アジュールローズら先行勢の後ろで脚を溜めつつ、4Fのロングスパート戦に持ち込むのが理想ですかね。


同じようにタフな展開で勝負したいのが◯ヴァンキッシュラン。
溜めたところで良さが活きるとは思えませんから、この馬も早めに仕掛けていくでしょう。

リオンディーズとヴァンキッシュランはどちらも角居厩舎の馬。
2頭で持続戦の流れを作り出し、後方から差す馬の切れ味を封じ込めたいところです。


POG最後の祭典。
当たっても外れても楽しめれば何でもいいです。

明日を精一杯満喫しましょう!( ゚∀゚ )




POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ


スポンサーサイト

CATEGORY予想 Trackback 0 Comment 3 △Page Top

« 身内POGの結果 | ホーム | 日本ダービー 血統考察(その3) »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ダービーだしせっかくだから オメガ | URL | 2016-05-29-Sun 12:19 [EDIT]

自分も血統予想いいですか?(事後承諾)
「血統予想」であることを踏まえてそれを中心に

◎サトノダイヤモンド
○スマートオーディン
▲ヴァンキッシュラン
△エアスピネル
△リオンディーズ

サトノダイヤモンドの、ジェンティルドンナと似ている配合を評価。オークスのみならず性別混合のJCも制した彼女と同じダンジグアリダーに加えて、
サトノのLogicalがブサンダxリヴォークドでジェンティルのマイビューパーズと同じ。
牡馬の長距離G1を勝つ力強さを持っていると信じております。
スマートオーディンはナスペリオンの代表?ホーンビーム持ちで、そこかしこにナスルーラとハイペリオンがあるので東京は得意のはず
ヴァンキッシュランはキズナ・ブリランテ2頭のディープのダービー馬同様の、ナスキロノーザンダンサーと、アリシドン・アクロポリス兄弟の兄弟どちらかの2つを同時に持つ欧州型のスタミナを。
エアスピネルは、曾祖母の血統をよく見るとGay Hostessがナス(ロイヤルチャージャー)ペリオン。キンカメサンデーテースト(トニービン無し)のイメージよりは、トニービン持ちの半分ぐらいは大箱適性はあると見ます
リオンはダービー馬オークス馬の相似配合

>オメガさん くりがしら | URL | 2016-05-29-Sun 16:28 [EDIT]

マカヒキ無印ってことはダメでしたか?

僕は全くカスリもせず、散々な結果でした(^_^;)
でもとても良いレースだったので満足です!

 オメガ | URL | 2016-05-29-Sun 17:11 [EDIT]

ダメでした!ここでは血統予想ってことで入れなかったディーマジェスティも実予想では入れてたけど、結局マカヒキすっ飛ばしてダメでした!
後でよく見たらマカヒキもアリシドン持ちで、なぜすっ飛ばしたのかさっぱり不明(汗)


トラックバック

TB*URL

| ホーム |