≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

脳内POG BLOGさんが主催されている「脳内POGカップ2016-2017」。
そこで指名した15頭の指名理由を書いていきたいと思います。

指名馬15頭は→コチラ


血統同人誌『配合パズルでアタリはわかる』シリーズで培った“配合パズル論”。
サラブレで連載中の『QN ~厩舎ニックスリサーチ姉弟~』で研究している“厩舎ニックス論”。

この2つをフルに活用し、最強の15頭をピックアップしました。
説得力だけならブッチギリ優勝レベルだと思ってます(笑)









・トゥザクラウン

父:キングカメハメハ
母:トゥザヴィクトリー
http://db.netkeiba.com/horse/2014106036/



【キンカメ×ヌレイエフ&テューダーミンストレルのクロス】

キンカメの配合の場合、「柔らかさ増幅の斬れ味タイプ」か、「パワースピード増幅の機動力タイプ」か、どっちかに偏らせたほうが成功しやすい印象があります。

トゥザクラウンはヌレイエフ4×3によるパワーが主体ですので、「パワースピード増幅の機動力タイプ」になります。

トゥザクラウン


最近の活躍馬で言うと、リオンディーズがヌレイエフ≒サドラーズウェルズ4×3で似たような仕掛けを持っていますね。
ただリオンディーズは母シーザリオの柔らかさも兼備したオールラウンダーでしたので、一番近いのはヌレイエフ≒ナンバー4×4(正確にはキングマンボ≒ジェイドロバリー2×3)のレッツゴードンキかな。


トゥザクラウンはヌレイエフの他にも、3代母父シャーペンアップを経由して『テューダーミンストレル』のクロスを持ち、これがとても良い味を効かせています。

テューダーミンストレルのクロス自体は7×7と薄いため、そこまで大きな影響力はありません。
しかしこの血も硬質な機動力を司るパワースピード血統。
ヌレイエフの補佐役として、長所を際立たせるのには十分な効果があるでしょう。


ちなみにヌレイエフとテューダーミンストレルを“同時に”クロスしているキンカメ産駒の牡馬は、これまで8頭がデビューして6頭が勝ち上がり。
本馬の全兄トゥザグローリー&トゥザワールドの他にも、福島2歳S勝ちのエルカミーノレアルや、3勝馬ブレーブビスティなどがいます。




【池江泰寿×ヌレイエフ】

サラブレ『QN』の第一回で研究した池江厩舎の厩舎ニックスは『ハイペリオン凝縮血統』。

詳しくはバックナンバー(15年・11月号)を読んでいただきたいのですが、ヌレイエフはハイペリオン4×4の強いクロスをもつ血で、まさに師が得意とする条件にピッタリ。
池江×ヌレイエフからはラブリーデイやミッキークイーンをはじめ、全部で7頭の重賞馬が出ています。


そんな血をトゥザクラウンは4×3でクロスしているのです。
池江厩舎のためにあるような血統ですね。

増幅されたヌレイエフのパワーを武器に、皐月賞を獲ってもらいましょう( ゚∀゚ )




POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ

スポンサーサイト


トゥザクラウンは、筋肉のすごさと岡田牧雄氏の推奨で、一位で取りたかったのですが、他の人に取られてしまい、残念でした。

しかし、生殖器の腫瘍で種付けを途中で止めたと言われているキングカメハメハの子供から、強い馬が出るのでしょうか?
くりがしらさんのお考えを教えてください。

私は、マンハッタンカフェやダンシングブレーブの病気の時のように影響があると思い、他のキンカメ産駒は指名しませんでした。
たしかにキンカメの種付けの問題はどうなんでしょうねえ。
そのへんの知識は全く無く、正直よくわかりません(^_^;)
なので僕は気にせず良い産駒はいつもどおりに評価しようと思ってます。
わかりました。ありがとうございます。
この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.